ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.10.21 05:21ゴー宣道場

第66回「ゴー宣道場」アンケート回答2


66回「ゴー宣道場」アンケート回答2です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆倉持師範の基調講演は今まで自分が聴いた憲法の話

の中で一番分かりやすかったです。

たとえば九条を改正して軍事権を正当化すると共に

そのコントロールのために多くの条文を加えたり、

変えたりする必要があることがよくわかりました。

このお話を拝聴できたことが今日一番の収穫でした。

(千葉県・59歳男性・新米教師を教える仕事)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

権力・軍事力を統制できるか否かだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森先生の軽快なつっこみがとても楽しかった。

よしりん先生のギャグを交えたつっこみも。

倉持師範が汗(冷や汗?)をふきふき語った内容は

リベラルから発した改憲論。画期的!と言われた

高森先生の発言で「そういうことだったのか」と

思いました。

難しい話でしたが最大級のほめ言葉でした。

(東京都・50歳男性・自営業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

倉持氏は若いのによく考えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆基調講演が倉持氏という事で当然「文春砲」については

避けては通れないものと予想しておいたが、その件に

ついて本人から誠実な反省と謝罪があり、その上で、

今まで簡単に「護憲」「改憲」と口にしていたものに

「リベラル的改憲主義」という新しい視点を戴けたのは

収穫でした。

(埼玉県・50歳男性・サービス業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エセ保守派もネトウヨも考えたことないだろうな。

ものすごく雑駁な床屋談義しかしてないからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆何かあった時(有事)は、自衛隊は米軍の指揮下に

入るという話が最も、胸が悪くなる感じがした。

その為の憲法改正、私自身、国防のために武器を持て

るか、など考えさせられました。

(茨城県・41歳男性・高齢者介護)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主権回復はやっぱり目標とせねばならない。

安倍政権の改正案は主権放棄の固定化だから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9条について! 日本独自の平和を希求した、

素晴らしい、憲法の、一番重要な条文、と学校で

習ってきたし、護憲派も言っているけど、実はあまり

意味のない、当たり前のことを言っているということ

がショックでした。

私が覚えさせられてきたことの一体どれくらいが

意味のないことなのか…その一方で、本当に大切な

ことを隠されたままなのでは…と。

(東京都・42歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この気づき方、えらい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆反転可能性を前提にした公正さをリベラリズムという

のだと思いますが、よしりん先生が「戦争論」を描かれた

動機も、先人や英霊に対してフェアな対し方とは何か、

と考えられたことではないかと想像します。

枝野氏のいう、「リベラルであり保守」とは思考の順序が

違うように思います。

枝野氏はあくまで現代を見ている印象があります。

(神奈川県・36歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭いいな、この人。

リベラルはヨコ軸の平等さに拘泥しやすく、保守は

タテ軸の公平さをも重んじる。

つまり先祖も参加する民主主義にする。

枝野氏がタテ軸をどう考えているか、そこはわしも

分からないな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆倉持先生がリベラルの解説として「個人」の概念を

お話したのに対し、小林先生が「社会的基盤(より所)

のない個人とは成立するのか?」という懸念を出して

いましたが、聞いて居る限りでは対立しない概念では

ないか、と感じました。

もし質問できたら聞いてみたかったのですが、

“リベラル”の持つ「個人」の概念には、すでに侵され

ない権利を持つ私的領域において、各々の生育環境と

しての共同体を含んでいる(家族という「制度」は公に

守るべき、というアプローチと、家族の構成員である

個人が「私的」領域のひとつとして持っている家族という

アプローチは、きちんと区別して議論しないと、憲法に

家族を組み込んでも違和感を感じなくなる危険がある)と

いう理解をすると、全く対立しないのですが、自分では

これでいいのか悪いのかも判断できないので…

(埼玉県・48歳女性・パート)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと書いてる趣旨が読みとりにくいな。

あらゆる属性をはぎとった個人という概念はあり得ない

とわしは思う。

わしは『戦争論』で書いた通り、社会のヨコ軸と歴史の

タテ軸が交差する一点に「個人」が成立すると考える。

社会のヨコ軸の属性からも、歴史のタテ軸の属性も

失った個人の例は、オウム真理教の信者たちである。

丸裸の人間にカルト宗教を叩きこんだから、サリンを

撒いて無辜の民を殺傷することも「ポア」として許され

ると思い込めたのだ。

『戦争論』の執筆の動機にこのオウム真理教事件があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森先生の日本の古来からの価値・伝統の中にも

リベラル的な価値があったというお話は興味深かったです。

リベラルと保守は対立するものでなく、小林先生が体現

されておられるように両立できるものとできるものと

感じることができました。

(東京都・28歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この論理は分かる。日本的リベラルが必ずあるはずだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆左翼やリベラルという言葉の意味を整理する作業が、

とても勉強になりました。

サヨクと呼ばれたくないからリベラルを名乗る人が

増えたというのが目から鱗です。

前原等がいかにダメかが分かりました。

(東京都・34歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旧民進党の保守コンプレックスの連中は根本的にダメ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆右翼、左翼、リベラル、これらの用語が戦後日本の

政治・言論状況で大きくねじれてしまい、混乱が起きて

いる。

また話を聞くと帝国憲法の時代の方がリベラル的価値を

為政者は解っていて守られていたと。

現代は時代に逆行している。

(千葉県・27歳男性・セミナー業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帝国憲法自体は立憲主義というリベラル的価値が入って

いるのだが、残念ながら為政者や軍部がこれを守ら

なかったということだ。

憲法は国民が守ろうと思わなければ、瓦解してしまう。

だから政策が憲法に適合しているかを審査する機関が

いるという話だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆僕がもっとも心に残ったのは、憲法改正はテーマから

考えていかなければならないということ。

考えてみれば当たり前の話ですね。憲法改正が目的化

したらいけない。

9条3項の加憲なんか意味が分からないし、それで賛

成している自称保守っていい加減だなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に馬鹿ですよね。実は何も考えてないからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆倉持先生の強調されていた憲法裁判所の創設すべきに

賛同します。憲法、各種法律の機密性の薄さ、

よく言われる法の網をかいくぐる行為が、

現官邸をはじめ、地方行政、その出先である学校、

各種施設で横行するのは眼に余るほど酷いものです。

完全第三者機関としての憲法裁判所と共に

『地方自治体にも』同じ機構が必須です。

人間性を守るべき行政による、人間性の踏みにじりを

絶対に許してはいけません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その通りだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆多くの庶民は、学校で習ったくらいで、改めて憲法

とは何か?と考えることはあまりないだろうし、

私もゴー宣やゴー宣道場を通じてなければ、

憲法について何の関心もなかったと思います。

しかし、憲法改正となると国民投票ですし、有権者

それぞれにどのような国や未来にしたいか、

大きな選択を迫られます。

その時に、より良い選択ができるように、憲法とは

何か、何が書かれて(描かれて)いるのか、たくさん

考えて学んでいきたいと思いました。

(京都府・32歳女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後も連続でやりますから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆リベラルとは「自分らしく生きる個人が、共に生きる

ことのできる社会」を創る価値観のことであり、

「そのリベラル的価値を実現するために人類が生み出し

たものが憲法である」というお話がとても勉強になりました。

それらを踏まえると憲法97条は感動的な文章だと感じました。

「改憲はリベラルの為に行われるべきだ」という考え方も

できるのだと感じました。

その一方、『個人という物語』は『ナショナリズムという

物語』から完全に独立できる存在であるのか・・

疑問が残りました。

たとえば「自分らしく生きるという価値観」の中には

「この国が長い歴史の中で育んできた美意識」に強く

影響されたものがあると実感するからです。

私は「国の美意識を守ることが個人の生命よりも大切」

だと考えてしまいます。それがパラドックスとなって、

リベラル的価値観と衝突してしまいます。

しかしながら「リベラルを排除する」と言ってのけた

小池百合子とは違って、私は悩みたいし、葛藤したいです。

「それが思想、言論、そして価値を奥行のあるしなやかで

強いものにする」と信じて。

(大阪府・38歳男性・製造業経理)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭いいなこの人。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ