ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.10.23 03:18政治

すごくうまくいった選挙だった


思った通りの選挙結果になった。

立憲民主党の大躍進、その風を受けた辻元清美の速めの

当選、スキャンダルと無所属という圧倒的な不利を大逆転

して辛勝した山尾志桜里、わしが直接応援演説に行って

関わったのはこの3点だから100%成功した。

 

自民党が勝ちすぎたのは、今の野党の分裂状態から見て

当然のことだ。

自民党を勝たせたのは小池百合子と前原誠司、この2名だ。

自民党はこの2名に大感謝しなければならない。

 

多くの人々が枝野幸男をリベラルと思っているが、実は

「真正保守」の核を持つ政治家だ。

保守とリベラルは対立概念ではない。

保守が守る伝統はバランス感覚であり、漸進的なシステム

の改良を行うから、「改革」「革命」という言葉を嫌うはず。

自民党は「革命」という言葉まで使っているのだから左翼

である。

 

立憲民主党はこの選挙で一度もこれらの言葉を使わなかった。

立憲民主党の「改革」「革命」の使用度がゼロというのは

自覚的であるに違いない。

枝野幸男は保守の何たるかを知っている。

 

いまだに護憲がリベラルと思っている馬鹿が多すぎる。

護憲か改憲かは消費税や原発と同じ政策の問題であって、

保守とリベラルには何も関係がない。

保守の側に改憲がいても護憲がいても不思議じゃないし、

リベラルだって改憲派はいくらでもいる。

 

今朝のモーニングショーを見ていたら、コメンテーターの

玉川徹が「護憲」をイデオロギーとして信仰していて、

政治状況の分析が無茶苦茶になっている。話にならん。

 

与党で3分の2を占めたら、たんなる「護憲」の連呼を

していても無駄だ。

改正案は発議され、国民投票にかけられる。

これが「改悪」にならぬためには、代案を示すしかない。

その能力が枝野幸男にはある。

リベラルも満足する「立憲主義」に基づく憲法改正案を

出さねば、立憲民主党は社民党化して消滅する。

 

とりあえず民進党内の保守コンプレックスの政治家たちが

希望の党に行って後悔したら、良い薬になるだろう。

自民党を保守と思っているような連中は馬鹿だ。

戻ってくるなら枝野幸男の伝統・常識・バランス感覚に

根差した保守を学ばなければならない。

 

枝野氏は左に広げた翼に多くの宗教的護憲派を取りこんだ

がために、今後は苦労する局面が来るだろう。

だが、そこは熟議して突破するしかなかろう。

玉川徹のような宗教的護憲派は社民党か共産党を支持

すればよろしい。

三浦瑠麗も護憲と一緒に日本のリベラルが終わるなどと

屁みたいなことを言ってるようだが、なぜ枝野氏が新宿の

集会に小林よしのりを呼んだのか、それを見抜けなければ

政治を評論する資格もない。

 

しかし、山尾志桜里の当選会見で、いまだにプライベート

な質問をする「八つ墓村」体質の馬鹿な記者に対して、

山尾氏が毅然として「公」と「私」の切り分けを行なって、

「私は公の政治家」だと宣言したのは立派だった。

これを言えるのは「公」の仕事の実績があるからだ。

他の不倫議員では説得力がなくなる。

 

山尾志桜里は野蛮な偏見と罵倒を直接浴びながら、へこむ

こともなく、明るく元気に戦い抜いた。

本当にタフで知的な凄い政治家である。

 

山尾志桜里を当選させた愛知7区の支援者や住民の皆さん

には感謝する。ありがとう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ