ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.10.25 02:07政治

枝野氏との距離感は了解しつつ支持する


昨日、「そもそも総研」の玉川徹氏がインタビューに来た。

ブログで批判しておいたのが効いたらしい。

護憲がアイデンティティーの政党なら社民党や共産党が

ある。

立憲民主党は「護憲」よりも「立憲主義」にアイデンティー

があるということを言っておいた。

明日の朝、放送されるようだ。

 

宇野常寛が立憲民主党を「旧社会党的なガス抜き政党」と

酷評してたらしい。

つまり宇野は、「小林よしのりが騙されている」と言って

いるのか、「小林よしのりが変節して護憲派になった」と

言っているのだろう。

 

このような見方は三浦瑠麗も同じで、だいたいあの辺の

世代は権力迎合で、冷笑主義者で、リスクを取れない

性格だから、安全を求めて現状維持という「保守的」な

言動をとる。

「保守的・前例踏襲的」と「保守思想」とは全然違う。

「保守」であるためには、案外、過激な勇気が必要になる。

エドマンド・バーグも相当、過激である。

 

わしは自称保守論壇やネトウヨ全部を敵に回して戦って

いる。

自称保守、エセ保守は「ネトウヨ世間」に「個」を埋没

させている。

だが、小林よしのりは違う。

わしは「保守的」ではなくて、「保守」であることを常に

態度で見せていく。

 

枝野幸男代表とは、いずれ会食して話し合うことになっ

ている。

一応、リベラル好きの支持者に言っておくが、枝野氏が

小林よしのりと完全に一致することはない。

距離感は両者で分かっている。

 

冷笑主義者にも言っておくが、わしが支援している限り、

立憲民主党が旧社会党になることはない。

その影が見えたら、わしは離れる。

わしがリトマス試験紙になるだろう。

わしはあくまでも頭山満でいく。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ