ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.11.1 05:54その他ニュース

週刊文春は山口敬之の慰安婦記事捏造を認めないのか?

ジャーナリスト・山口敬之の
レイプもみ消し疑惑を
追及している週刊新潮が、
山口のもう一つの疑惑、
週刊文春2015年4月2日号の
「韓国軍にベトナム人慰安婦」記事
捏造問題も追っています。

問題の記事は、
当時TBSワシントン支局長だった
山口がアメリカで発見した公文書に、
ベトナムに韓国軍の慰安所があった
とする事実が記されており、
裏付けの証言も取った…とする内容。

ところが実際には公文書は
山口が発見したものではなく、
しかも公文書には慰安婦がいたとは
断定されておらず、
証言者の発言は捏造、歪曲、
都合の悪い部分は無視して
使われていたとのこと。
そもそも、慰安所というのは
軍が占領した地域で管理して
運営した施設なわけで、
韓国軍が占領していたわけでもない
ベトナムで、しかも都市である
サイゴンで、
慰安所を作るなんて
ありえないということは、
ちょっとこの問題を知っている人なら
誰でもわかるはずです。

結局のところは、サイゴンにあった
「トルコ風呂」を韓国兵が
利用していたというだけの話を、
慰安婦問題にでっち上げたのは
まず間違いないなく、
「100%捏造」のヨタ話
と言っていいでしょう。

TBSは山口のレポートを信憑性が
疑わしいとしてボツにしたのですが、
山口はこの情報を週刊文春に
持ち込んで記事にしました。

TBSはこれを問題視して事情聴取の
ために山口を東京に呼び戻しましたが、
その際、山口は宿泊先のホテルに
意識を失った詩織さんを引っ張り込み、
レイプに及んだとされているのです!

それにしても、なぜ山口はTBSを
退職する事態になることも厭わず、
TBSのボツ情報を文春で
記事にしたのか?

それは、対韓外交で安倍政権の
援護射撃をする意図があった
のではないかと言われています。

週刊文春は、未だに山口の記事が
捏造ではないと言い張っていますが、
それでは嫌韓・安倍政権擁護の雑誌と
判定されても仕方がないのではないか?

山口敬之の二大疑惑、
絶対に徹底追及されなければ
なりません!!
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ