ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.11.2 22:00

立憲民主党は「ひ弱な社会党」になってはいけない

立憲民主党は、選挙で注目を集めた分、
様々なアラ捜しも盛んに行われるだろう。

でも重要なのは、言う迄もなく政治的なスタンス。

特に、安倍首相が目指している憲法改正に、どんな姿勢で臨むか。

そこをしっかり定める必要がある。

その際、前にも書いたように、護憲左翼に足を取られてはいけない。

教条主義的な護憲政党に転落すれば、
旧社会党のように、
国民から見放されて衰退するだけ。

失礼な言い方ながら、旧社会党「未満」の
“ひ弱な社会党”になってしまうだろう。

更に、旧式の護憲論では、安倍氏の“戦力”
未満の
自衛隊を固定化する(=
個別的自衛権をフルでは行使できない)
「加憲」
路線を押し戻す力も、持ち得ない。

憲法改正から逃げてはならない。

同党が将来の政権獲得を目指すならば、
むしろ安倍自民党に先んじて、「あるべき憲法改正」構想を、
積極的に打ち出すべきだ。

枝野代表が唱える個別的自衛権の充実も、
立憲主義の立場を堅持する限り、9条の改正は避けて通れないはず。

後ろ向きで自己満足的な護憲志向は、自分の首を締めるだけ。

一歩踏み込んで現実と切り結び、リベラル的・
立憲主義的な
改憲論を掲げる必要がある。

先手を打って、立憲民主党が進んで改憲論議の
土俵を設けてみせる姿勢こそ、
求められている。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ