ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.11.4 03:18日々の出来事

慣習法化できない改正案はダメだ


若者は自民党が「リベラル」に見えて、旧民主党系や共産党が

「保守」に見えているらしい。

年配者はこの逆に見えている。

これは肯ける分析である。

 

枝野氏や立憲民主党の幹部はこれをよく考慮した方がいい。

「憲法9条を守れ」の集会に枝野氏が出るのはよいことではない。

確かに「憲法改悪を許さない」という枝野氏の発言は「改善」

なら良いこということになるから、嘘は言ってない。

わしも安倍政権の憲法改正は、筋が悪い「改悪」だと思って

いるから、安倍政権による憲法改悪には反対である。

 

だが、若者が野党は「何でも反対」だから「保守」と見ている

ことは、もっと重要視しなければならない。

若者にとって「保守」=「現状肯定主義」=「戦後体制保守」

と見られたら、「保守」という概念そのものが誤解されて、

崩壊してしまう。

 

枝野氏がああいう集会に出て、朝日新聞に報じられると、

立憲民主党はやっぱり護憲の旧社会党に堕したと思われる。

やがて自縄自縛に陥って、単なる「何でも反対」の駄々っ子の

政党で終わってしまう。

 

「保守」というのは、戦後レジーム保守ではない。

その意味では、自民党から共産党まで、すべて戦後体制の

保守に過ぎない。

本来の「保守」は「独立自尊」が基本だから、今の日本に

とっては、最も過激な理念である。

 

わしが憲法を書いたら、この臆病だらけの日本人は誰もついて

来ないだろうから、今は「一歩前進」の憲法改正で我慢して

おこうと考えているだけだ。

 

安倍政権の憲法改正は「一歩後退」の「改悪」だから、

立憲民主党が「一歩前進」の憲法「改善」を主張せねば

ならない。

それが出来ないなら、立憲民主党はやはり「現状肯定」の

「自称保守」と、わしにも若者にも判定されるだけだ。

 

わしが山尾志桜里氏に賭けているのは、その「一歩前進」

の憲法「改善」である。

言っておくがそれは「リベラル」を根拠にしてもダメだと

思う。

なぜなら、憲法は例え「成文法」化しても、基本は

「慣習法」であるからだ。

慣習法化できない憲法など、立憲主義として機能しない!

そこを今度、話し合おう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ