ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.11.4 22:00

良い改憲、悪い改憲

いよいよ憲法改正が具体的な政治日程に上るだろう。

その際、改憲にも「良い改憲」と「悪い改憲」
ある事を知っておく必要がある。

良い改憲は推進し、悪い改憲は何としても阻止すべきだ。

では、それをどう区別すれば良いか。

至って簡単。

これまで制約されて来たわが国の「個別的自衛権」

きちんと回復するか、それともそのまま放置又は固定化するか。

それがポイント。

9条(2項「戦力不保持」規定)
手を着けないのは勿論、悪い改憲。

安倍首相が唱えている自衛隊「加憲」論は、その典型。

9条2項をひたすら“護持”する。

それでは個別的自衛権は制約されたまま。
その後の改憲へのモチベーションも、決定的に失わせる。
結果、
個別的自衛権への制約を将来に向けて固定化する“だけ”。

これでは、対米依存をいつまでも維持するしかない。

属国のままなら、究極「アメリカの意志」が憲法よりも、
民意よりも優先されざるを得ない。
リベラル的な価値も決して保障されない。
よって、
紛れもなく悪い改憲。

繰り返す迄もなく、最低最悪と言う他ない。

だが、それにただ反対しているだけでは、阻止できない。
悪い改憲には良い改憲で対抗し、凌駕するしかない。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ