ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.11.9 06:06皇統問題

週刊新潮、山尾氏を叩くために男系カルトに加担

もはやゲス週刊誌記者にとっては、
山尾志桜里氏を叩けるなら、
ネタは何だっていいらしい。

週刊新潮11月16日号のワイド特集
「ざんねんなにんげん事典」に、
『「山尾志桜里」がのたまう
「女性・女系天皇」実現への違和感」
と題する記事が載っています。

タイトル書き写すだけで
胸が悪くなってきます。

山尾氏が公式サイトに
〈天皇制を維持するためにも、
皇室女性の
人権をできる限り
尊重する観点からも、
女性宮家そして女系・女性天皇を
認める議論を、
引き続き
リードしていきます〉
と書いていることを批判しているのですが、
批判コメントを寄せているのが
百地章・八木秀次という男系カルト
なんだから、話になりません。

八木など、間違った知識しか
持っていないくせに、偉そうに
「山尾さんはにわか知識しかないので、
男系継承の原理が天皇制にどれだけ重要か
わかっていないのではないでしょうか」
なんて言ってます。

「男系継承の原理」なんて、
天皇制に全く重要ではありません!

そもそも八木自身、ある講演会で
「なぜ男系でなければいけないのか」
というタイトルの講演を1時間半ほど
やった後、
質疑応答で、会場から
「それで、なぜ男系じゃないと
いけないのですか?」
と聞かれて、
答えられずに立ち往生したという、
大爆笑エピソードを持ってるじゃないですか!

百地章と、もう一人
元最高裁判事の園部逸夫は、
山尾氏が「皇族女性の人権」と
言ったことを
批判しています。

こいつらは、皇族には一切の人権を
認めてはいけないと思っていて、
天皇・皇族は完全にロボットもしくは
奴隷にしておくべきだと思っているから、
「皇族女性の人権」と聞いただけで
猛反発するのです。

山尾氏だって、皇族に国民と全く同じ
人権が認められるべきだと主張している
わけではありません。だから
できる限り尊重する」と言っているのです。

雅子妃殿下を「男子を産む機械」
としか扱わず、
ご病気に追い込んで
しまったような
人権無視を、
そのままほっといていいはずがない、
それくらいの人権の尊重はしなければ
ならない
と考えて何が悪いのでしょうか?

そのためには、女性宮家と
女系・女性天皇を認め、
産まれてくる子供が男女どちらでも
いいように
する以外に方法はないし、
そうしない限り、
悠仁さまと結婚しよう
という女性が現れるはずもなく、
天皇制は確実に滅びます。

「天皇制を維持するためにも、皇室女性の
人権をできる限り尊重する観点からも、
女性宮家そして女系・女性天皇を認める」
べきだという山尾氏の主張は、
完全に
理が通っているのです!!

週刊新潮は、
ただ山尾氏を叩きたいという
結論ありきで、
女性皇族など「男子を産む機械」でいい!
その結果、天皇制が滅びたって
知ったこっちゃない!という論調を
後押ししたのです。

何ひとつ知らないくせに、
山尾氏の知識量を
なめるんじゃないよ、ゲス新潮!
ふざけるのもいい加減にしろ!!
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ