ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.11.11 22:00

産経新聞にも「正論」

産経新聞(11月10日付)に拉致問題を巡り、
拓殖大学海外事情研究所教授で特定失踪者問題調査会代表
の荒木和
博氏の論説が掲載された。

トランプ大統領が来てどんな約束をしても、
米国に日本人拉致被害者を救出してもらうことはできない。
自分でやるしかない」

「日本政府はこれまでの流れでいけば、
憲法を盾にしてどこまでも米国任せにしようとするはずだが、
それで済むほどことは簡単ではない」

自衛隊は邦人保護のために外国へ行く場合、
相手国の承認を必要とすることになっている。
だからどんなチャンスが訪れても、現状では
救出に行くことは不可能である」

拉致被害者家族に対して『法律上助けることができません』
と面と向かって言えるのなら言えばよい。
できるかのような幻想を抱かせるよりは誠実といえるだろう」

安倍晋三首相は北朝鮮有事に対処するための解散だと言った。
それならば選挙に勝った以上、しっかりと対処しなければならない
はずである」

「本来、トランプ大統領に拉致被害者家族を会わせる
というのは恥ずかしい
ことだ。
『拉致被害者の救出は日本がやります。
米国も協力してください』
と言うべきである」

これらはどれも正論。
致被害者を救出できない自衛隊を、
“そのまま”
憲法に書き込もうとしているのが、
安倍氏の加憲論だ。

それでは「幻想」を振り撒きつつ、
ひたすらアメリカを頼りにするしかない。

但し、この論説が載ったのは同紙の「正論」欄ではない。

敢えて“異論”を紹介する「iRONNA」欄という辺り、
いささかトホホな感じ。。

それでも勿論、掲載しないよりはマシだ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ