ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.11.13 06:44政治・経済

もはやこの国は先進国などではない

ライジングコメント欄から
ご意見紹介します!



バンカー安倍の醜態に対して、トランプが
追い打ちをかけるコメントをしていますね。
「私は感動した。今まで見てきた
どの体操選手よりも素晴らしかった」
だそうです。

安倍シンパは、安倍がバカにされると
烈火の如く怒りますが、これには怒れない。
安倍が仲良くしたくて堪らないトランプに
バカにされたという事実は、
あってはならないことで、
無視を決め込むのが一番です。
一国の首相が同盟国の大統領に公然と
侮辱されても、反論はしない、できない。
これが対米追従の「現実主義」の帰結
というものです。
首相、つまり日本の有権者が選んだ
国家議員からなる政党のうち、
主に多数派である与党の党首、ですね。
彼が、日本国民が納めた税金を大量に
つぎ込み、これまた最高学府を出た
選りすぐりの官僚たちが知恵を練って
「ご接待」申し上げた席で、
当のその相手から虚仮にされたのです。
端的に言えば、これは米国の代表が
「日本人」全員に喧嘩を売ったに等しい。
お前らはこんなバカしかトップに
できない、忙しい中ゴルフで遊んで
やったけど、やっぱりこの程度だったな、
せいぜい遅れないように後ろを
付いてこい、悪いようには
しないからな、と侮辱されている。
何が友情だよという話です。
ご主人様と子分のそれでしょう、これは。

ましてトランプは、
天皇陛下に対し、恭しい態度を取るだけの
最低限の礼節もありません。
外交儀礼を無視するような程度の低い
人物を国を挙げて好意的に扱って
しまうのは国辱ものですよ。
そもそも、横田基地から入ってくるあたり、
占領軍の司令官気取りなんだから、
猛批判されるべきでしょう。
何から何までダメです。

そのご主人様への「集団的ご奉仕」の
ための憲法改正を進めようとする
連中が安倍自民党です。
米国の尖兵を果たすための
集団的自衛権の裏付けとして、
自衛隊を憲法に明記し、
海外派兵しやすくする。
自主防衛のために9条二項廃止
による個別的自衛権強化をせず、
ただ米国に擦り寄るために
最高法規を変えようとする。
強者に擦り寄って生き残ることを
最善の生存戦略とした錯誤が、
こうした無惨な現実を招いているのです。

そもそも自国の意思を放棄して、
最善の国益がもたらされるはずがない。
こうした事実上の主権の放棄は、
個人で言えば人権の放棄に等しい。
強国に主権を委ねれば委ねるほど、
自国の繁栄が約束されるなんて、
3秒でおかしいと気づかなければいけない。
普段は詐欺だのブラック企業だのに
引っかかる人間を「賢く」馬鹿に
している癖に、こうしたことに
ダンマリ決め込むのが大衆です。
ワイドショーやまとめサイトを
ダラダラ見て、偏狭な視点で他人を
叩くことには割ける時間はあっても、
肝心なことは5分考えることもしない。
なんの勉強もなしに、人のプライベートの
瑕疵を論うことなんか誰にでもできます。
その知的怠惰こそが、国を腐敗堕落させて
いることにいい加減気づくべきでしょう。
もはやこの国は先進国などではない。
落とし穴ですっころんで置いていかれる
程度の弱小国に過ぎない。
それを認めてやり直さないと、
もっと奈落へ転落することでしょう。
(shiroさん)



歴代最低支持率の米大統領に
あれだけの国辱おべっかを使って
コケにされまくった首相に、
まだ高支持率を与え続けているのだから、
もうどこまですってんころりん
奈落の底へ転落していくやら、
暗澹たる気持ちにしかなりません。
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ