ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2017.11.13 11:22

凡人には計り知れないおふたり

3回目となる関西ゴー宣道場。

会場の熱気と設営隊の皆様の緊張感が混在する中、

特別ゲストに高山佳奈子先生をお迎えし、

またサプライズゲストで山尾志桜里議員も議論に

加わってくださり、大いに盛り上がりました。

 

高山先生はとても柔らかな雰囲気をお持ちの方なのに、

『東大一直線』が「上品なマンガだ」という、

凡人には計り知れない感性の持ち主でいらっしゃることが判明。

描いた本人である小林先生が一番びっくりしていました。

 

共謀罪の問題点をとてもわかりやすく話してくださり、

その淡々とした語りが、聴く者をして一層の危機感を募らせる、

この問題を熟知していらっしゃる先生ならではの説得力がありました。

アンケートでも「わかりやすかった」という声多数。

関連書籍を販売されていた「読書のすすめ」さんによると、

先生のブックレット『共謀罪の何が問題か』は完売したとのこと。

成立したから「今さら」とか、「もう何を言っても無駄」ではありません!

 

その意味で、山尾議員が共謀罪を廃案にすべく動き始めていると知り、

拍手喝采を送りたい気持ちになりました。

彼女の諦めない姿勢、何が何でもやり抜こうとする意志の力、

またそれも憲法改正の論点整理と同時進行でやっているのです。

もう今さら言うまでもないことですが、
彼女もまた凡人には計り知れない能力の持ち主です。

声がどんどんかすれてしまって辛そうでした。
高山先生がごく自然に「飴ちゃん」(それもかなり渋いデザイン)を
取り出して渡されていたのも印象的。
凡人には計り知れない二人のゲストの、
貴重なワンシーンでした!

 

共謀罪、憲法はもとより、若者、格差、経済、提灯持ち等々、

「権力と共謀して何がオモロイねん!」というテーマで

満遍なく議論が展開していったのではないかと思います。

質問された方々も、物怖じしないというか、鋭かったなあ・・・。

 

さて、その後は笹“熱望”の串揚げ屋さんへ!

師範方、「んまーーー」「んまーーー」と言いながら

串揚げを堪能しました。

 
小林先生もガッツリ食べてますよ!


ご覧ください、この笑顔!
どれだけ美味しいか、わかるでしょう?

大阪で一泊したあと、せっかくなので私は大阪城へ。
第4師団司令部跡や第8連隊跡地など
軍関係の痕跡を訪ねて帰りました。


師団司令部、今はオシャレな飲食店施設に
リニューアルされとるよ!
歴代師団長もびっくりしとるよ、きっと!


第8連隊跡地
「難波宮」の端っこに建立されていました。
難波宮大極殿跡にでーんと座って、
古代の荘厳な儀式を想像してみたり、
連隊の将兵が行き来している様子を想像してみたり。
古代と近代を交互に妄想して、ひとりテンション上がりまくり!
あー、忙しかった。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ