ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.11.19 02:19メディア

爆笑問題のワイドショーを見て


爆笑問題のワイドショーを朝めし食いながら見ていた。

また山尾志桜里のバッシングをやるつもりかと思ったが、

それはなかった。

 

テリー伊藤、杉村太蔵、武井壮は山尾バッシングに異を

唱えたと聞いている。立派だ。

 

西川史子は、夫婦関係は「独占欲だけ」だと思い込んでる

憐れな人だ。

まだ結婚も知らない若い娘なら、そう考えていたって

不思議ではないが、歳をとったら成熟しなければならない。

 

杉村太蔵が「夫婦関係は100通りある」と言ったのには

感心した。見直した。

 

しかしナレーションがアホだった。

 

「山尾、倉持が『日帰りをせずに』大阪に一泊した。」

「だが二人で泊まったわけではない。」

 

普通、これって笑える説明だろう。

日帰りをしなきゃならないのか?

わしも日帰りしなかったが、日帰りするか、一泊して

帰るか、そんなことは個人の勝手じゃないか!

山尾は親友の家、倉持はわしが予約したホテルに泊まった。

勝手じゃんよ!

 

須田亜香里が恋愛禁止ルールを守っていると言ったのは

立派だ。

そもそも須田はもう全然ブスではない。

やけに艶やかに美人になっているので驚いた。

須田亜香里はずっと推しメンの一人なので、活躍している

ようで嬉しい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ