ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.11.19 03:22メディア

100%、「公のため」である!


「ゴゴスマ」というワイドショーで、金慶珠は、

この時期にわしが山尾・倉持のコンビを復活させた

理由について、こんな邪推をしている。

 

「小林さんがね、非常に長年テレビに出られてて、

もうとにかくこの議論を何とか注目させながら、

自分たちの思っているところを発信させたいという

ところの匂いがすごくするんですよ」

 

金慶珠は、人には「公心」というものがあるという

ことが理解できないようだ。

人には「私心」しかないという感覚なのだろう。

 

そもそも金慶珠は、現在の改憲を巡る状況について、

完全に無知である。

既に改憲勢力は衆参両院で発議に必要な3分の2

議席を確保している。

安倍政権は、年内に自民党内で改憲素案を取りまとめ、

年明けの通常国会では各党にその改憲素案を提出する

意向だ。

 

そうなると、最短で4月には発議が行われる。

国民投票は発議の後、2か月から6か月後の間に行わ

れる規定だから、最短では6月には国民投票が行われ、

これで有効票数の過半数が賛成すれば改憲成立である。

 

安保法制の時も共謀罪の時もそうだったように、

とにかく議論をさせず、短期間で強引に強行してしまう

のが安倍政権の常套手段だ。

 

だから今回も最短スケジュールで押し切る可能性が

極めて高いと見ておかなければならない。

もう猶予はないのだ。

 

自衛隊が「軍隊未満」のまま、米軍の下請け組織と

なって世界のどこまでも戦争に行かなければならなく

なる、最悪の改憲があと半年ちょっとで行われて

しまうのだ!

 

この事態を前に、ただ「改憲反対」だの「護憲」だの

言っていても全く意味はない。もう3分の2を取られ

ているのだから。

 

それを阻止するには、自民党よりも先に改憲の論点整理

を提出し、発議の前に議論に引っ張り込むしかない。

発議の前ということは、年明けの通常国会開会前。

つまり年内にやらなければならないということだ!!

 

時間が全くないのである!

だから、緊急に山尾氏と倉持氏はタッグを復活させな

ければならなかったのだ。

私利私欲はない。

100%「公のため」である!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ