ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.11.23 03:02政治

「発議」を許した段階で敗北は決定だ


立憲民主党が憲法議論に着手したらしい。

「立憲主義を取り戻すのが結党の大きな柱だ」と枝野氏が

言っている。これには全面的に賛成だ。

現行の日本国憲法を熟読すれば、立憲主義が破壊されまくり

なのは明白である。

 

だが立憲民主党が、憲法調査会の初会合で呼んだのは
長谷部恭男教授らしい。

長谷部氏は「護憲派」であり、憲法を一字一句変えずに、

解釈だけ変えて運用すればいいという人だろう。

権威ある学者とされているが、特定秘密保護法を容認した

時点で、わしは疑惑を持った。

集団的自衛権は「違憲」だと言ったが、結局通過するのを

止められなかった。

 

たかが学者の権威では、権力の暴走を止められないのだ。

安倍政権の改憲の発議も、長谷部教授には止められない。

 

枝野氏は「あらゆる手段を使って国民投票で否決する」

言っているが、この発言は大問題だ。

国民投票で否決を目指すというのなら、「発議」は許すこと

になってしまう。

これは野党の党首として無責任だと断じざるを得ない。

 

安倍改憲を本気で止める覚悟があるのだろうか?

集団的自衛権を根本的に見直して、「自衛権」の暴走を

止める覚悟があるのか?

 

安倍政権の改憲議論は来年も粛々と進む。

国民的議論に発展する前に「発議」を行ない、最短期間で

国民投票に持っていくだろう。

そのつもりで考えて、準備しておくのが野党党首の責任だ。

安倍改憲案は「発議」されたら、絶対に国民投票で成立する。

否決にはならない。

 

「安倍改憲案」か、「絶対反対運動」の二者択一ならば、

わしだって「安倍改憲案」に賛成票を入れざるを得ない。

保守としての常識があれば、このくらい分かるはずだ。

「発議」を許した段階で、敗北は決定する。

現行憲法を聖書にした「宗教的護憲派」だけが、この事態の

緊急性を見抜けない。

枝野氏は党内の「宗教的護憲派」を説得するしかない。

わしが説得したいくらいだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ