ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.11.27 14:39日々の出来事

わしは仏教徒のようだ


父の十三回忌でお経をあげてくれる住職さんは相当な

インテリで、わしの著作や活動にも興味を持ってくれ

ていて、わしの新宿での応援演説の動画も見てくれた

らしい。

 

この人の法話がいつも深くて相当に面白い。

今日はポスト・トゥルースについて仏教の立場から語って

くれた。

わしがいま一番関心のあることをよく見抜いてくれてる

ものだ。

如来とは真理が現われることだそうだ。

こんな高度な話を一般庶民に話しても分かるはずないから、

わしのために語ってくれたのだろう。

話の構成を前日にでも考えてくれたはずだ。
非常に勉強になり、何かが閃いた感じがした。

 

神道が天皇陛下より安倍晋三を崇める勢力になって失望

したから、やっぱりわしは仏教徒に戻ってしまったようだ。

わしの宗教をあえて言うなら仏教だな。

いつか仏教について描いてみたいと思うが、まだまだ現実の

生々しい政治に関わってしまっているので、描く余裕がない。

だが描くための発想が一つあるのだが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ