ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.12.5 00:47政治

籠池夫婦にぐーーんと同情せなあかんよ


今いちばん気の毒なのは籠池夫婦だ。

ワイドショーは相撲の話ばかりやっているが、もう飽きた

から、森友学園問題をもう一度やるべきではないか?

 

籠池夫婦が接見禁止のままで4か月も拘留されているのは、

明らかにおかしい。

大阪拘置所には冷暖房もないという。

まさかこのまま年を越させるつもりではあるまいな?

 

逃亡の恐れも証拠隠滅の恐れもないから、保釈されていい

はずなのに、拘留が続き、家族すら接見を許されないとは!

尋常ではない人権侵害である。

 

大阪地検特捜部は森友疑獄を追及するために籠池夫婦を

拘留したのかと思ったが、どうやら違うようだ。

この問題から逃げ切りたいと考える政権を忖度しての

国策捜査だった疑いが濃くなってきた。

 

会計検査院の調査では、国有地の8億円の値引きに

「根拠不十分」と結論が出た。

国土交通省と財務省は「基準に基づき適切に積算した」と

説明したが、嘘だった。

 

籠池氏と近畿財務局の間の音声テープも出てきた。

0円に近い形でもう払い下げをしてほしい」

13千万円がうんぬんいうものよりも、ぐーーんと

下げていかなあかんよ」という籠池氏の声が入っている。

担当職員は国有地の価格について「理事長がおっしゃる

ゼロに近い金額まで努力するという作業を今やっている」

と発言している。

 

大阪地検は権力の犯罪として、ぐーーんと踏み込んで

いかなあかんよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ