ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.12.16 03:10メディア

安倍晋三と麻生太郎のメディア批判が狂っている


安倍首相がメディアに「報道がステレオタイプ」だと文句を

言ったらしい。

それは産経新聞と読売新聞のことだろうか?

確かにその二紙は安倍政権寄りのステレオタイプだ。

特に産経新聞は安倍政権の提灯記事しか載ってないという

ほど、ジャーナリズムの使命を果たさない新聞であり、

戦前の価値観で作られたアナクロ新聞である。

天皇を「ロボット天皇」に封じ込め、「政治利用」だけのため

に操縦しようとする「朝敵新聞」でもある。

戦前のステレオタイプに嵌っているから、安倍首相は

産経新聞を批判したのだろう。

産経新聞は反省した方がいい。

 

麻生太郎氏は「東京新聞が共謀罪に反対していたのに、結局、

成立して良かったじゃないか。訂正記事を出さないのは

なぜだ?」と批判している。

「成立して良かった」というのは、何を根拠に言って

いるのだ?

共謀罪で重大なテロ計画を未然に防いだという事実でも

あったのか?

 

さらに麻生氏は、共謀罪でぼろかすに叩いたくせに、

いまごろ「やって良かった」という新聞にお金を払って読ん

でいる人たちの気が知れないと述べたらしい。

ええ―――――っ?

「やって良かった」と言ってる新聞があるのか?

ぜひ教えてくれ。わしがその新聞を猛批判するから!

 

わしは今も共謀罪には不快感しか持っていないし、

いまだに何で必要だったのかが分からない。

ただ漠とした不安感だけが続いている。

この問題は来年1月末発売の『ゴー宣Special』でも描い

ている。

 

しかし麻生太郎はボケてるんじゃないか?

「成立して良かった」という判断は何を根拠か言ってくれ!

「やって良かった」と言ってる新聞名を挙げてくれ!

夢でも見てコメントしてるのか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ