ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.12.18 10:37皇統問題

安倍首相、両陛下に「最敬礼」の理由

先週発売の週刊新潮(12月21日号)の
グラビアに、
安倍首相が
天皇皇后両陛下に最敬礼している
写真が掲載されていました。

12月7日に行われた
東京駅丸の内駅前広場の
完成記念式典の際の写真だそうで、
この画像だけ見ると、
45度の深々としたお辞儀で
作法としても申し分なく、
両陛下に敬意を表している
かのように見えますが、
週刊新潮はそうは見ておらず、
宮内庁担当記者のこんな話を
紹介しています。

「陛下が望まれてきた、女性宮家創設の
議論を安倍官邸がたな晒しにして
頓挫させましたし、前向きだった訪韓も
安倍官邸が道筋をつけずに叶わすじまいです。
退位の日どりにしても、
宮内庁との綱引きが報じられ、
”両陛下と安倍官邸の関係は悪い”
というのが衆目の一致するところと
なってしまいました。双方、
わだかまりを抱えたままなので、きっと
目を合わせたくなかったのたと思います」

記事は「経緯からすると、
そう受け取るのが自然なのである」
として結んでいます。

安倍首相は両陛下が近づくだいぶ前から、
皇后陛下が通り過ぎられるまで
ずっと最敬礼して、顔を
上げなかったといいます。

今は思い上がって
やりたい放題やっているが、
実はチキンの安倍晋三!

両陛下の怒りを買っていることは
知っていて、マトモに顔向け
できなかったようです。

さすがは蚤の心臓、安倍晋三!

この記事はその前の週の記事
『「安倍官邸」に御恨み骨髄
「天皇陛下」が「心残りは韓国…」』
もうひと押しするものですが、
週刊新潮は、女性宮家創設が
陛下のご意思であり、
それを潰した安倍は
天皇に対する反逆者であるということを、
もう確信しているようです。

官邸筋の情報をそのまま書いてしまって
宮内庁に抗議されたり、
男系派の読者を抱え込んでいたりもするので
今後どうなるかはわかりませんが、
このまま安倍晋三が逆賊であるという
記事を載せ続けてくれるなら、
週刊新潮を応援したいと思います。
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ