ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.12.19 06:29その他ニュース

平成29年度 ライジング版 流行語大賞ベスト3!

年末読者企画、
「平成29年度 ライジング版 流行語大賞」
結果が発表されました!

企画・実行してくださった皆様、
投票してくださった皆様、
どうもありがとうございました!!

それでは早速、実行委員長・
カレーせんべいさんからの結果発表、
まずはベスト3を転載します!

【平成29年度
 ライジング版 流行語大賞の発表】
今年の小林よしのりライジング
及びゴー宣道場ブログの中で、
読者のみなさんが、
最も印象に残った言葉を、
「ライジング版 流行語大賞」
として表彰いたします。

流行語大賞は、
読者による投票で選出しました。
投票者数 66名・ 有効投票数 479票
それでは流行語大賞を発表します!!

☆ 第1位
我々、国民は天皇を戴く資格が
あるのだろうか?
 (天皇論平成29年) 28票

《選考者のコメント》
●身につまされる問いかけです。私たちが、
 真に受け止めなくてはいけないと切に思います。
●やはり『天皇論平成29年』を読んで
 一番胸に刺さった言葉です。
●この言葉がずっと胸に残っています。
●身につまされます・・・
●ドキッっとしましたし、グサッと刺さりました。
 この問いかけを自分自身に
 していき続けたいと思います。
●居て下さって当たり前だという認識を
 持っていた事に気が付きました。
●『無私』という事にどれだけ価値を
 見出せるか、現在の日本人の資質が
 問われています。
●本当にそう思います。安倍を直接 
 支持しなくとも、最終的に逆賊を
 止められない国民ならば
 その資格はないでしょう。
●申し訳ない気持ちと自分にはそんな資格が
 あるのかと自問自答しています。
●天皇陛下に対する申し訳ない気持ちと
 安倍晋三に対する憎悪の気持ちからです。
●現状が申し訳なく、打破しなければと思い、
 一票。
●陛下を侮辱する安倍政権への憤りと共に、
 何もできない自分への無力感、陛下への
 申し訳なさがごちゃ混ぜになって
 胸が苦しくなります。
●無私にして究極の「公」を体現しておられる
 –そこから輝き出す光・品位・そして
 温かい懐かしさ。
●資格があるかないか、今ギリギリの
 ところまで来てしまっているのですね。
●陛下に仇なす権力を許し、権力に直接対抗
 無力な己がはがゆいです。
●逆に天皇のいない日本を考えて、私は怖くて
 日本人やってられなくなりそう、
 と思いました。 大切に護らなければならない
 と思います。日本人として。
●今の国民に突きつけられた言葉です。
 日本において「国」とは「天皇」。
 皇室を護る徒として思考していきたいです。
●心に染みました。皇居が醜悪なビル群や
 マンション群に変わるのを阻止しなければ。
●戴く「資格」という言葉が重い。
 皇室を追い詰めている現状は、
 一部の無礼な政治家のせいではない。
 国民にはめられた枷です。
 私にもそんな資格はあるのか?
●天皇論平成29年で一番衝撃を受けた
 名言です。自称保守や男系固執派はこの
 直言の意味が分かるか?
 個人では生きる能力がない糞小物どもが
 「保守」を騙り、日本の国柄を
 破壊しようとしている。
●皇位の安定継承や憲法問題など超根幹の
 問題で、ゴー宣道場で師範方が率先して
 戦っておられるにも関わらず、シノギに
 追われるクソッタレな日々。
 自問自答せざるを得ない昨今の状況です。
●これは、今も自問自答しているから。
●こんな形で陛下が退位なさることに、
 国民としてとても申し訳なく思って
 おります。ライジングを読むたび、
 アベのバカっぷり&逆賊ぶりに
 腹をたてております。
●この本を読んで痛切に思いました。
 今なお、陛下の思いを踏みにじるような
 結末にさせようとしています。
 この結果に導いてしまった日本人は、
 自分を含めて本当に天皇を頂く
 資格があるのでしょうか。
●今年度はホントこれに尽きる。
 今上陛下への安倍政権の逆賊ぶりを
 一国民として申し訳なく思う。
●天皇を戴く資格を取り戻さねば。

以上の通り、ゴー宣読者の
 様々な思いが交錯する中、
「平成29年度 ライジング版 流行語大賞」
 に選ばれたのは、
【我々、国民は天皇を戴く資格が
 あるのだろうか?】
でした!!

☆ 第2位 
でんでん
 (ブログ よしりん 1/25)  21票

《選考者のコメント》
●よしりんのでんでんブログが、
 めちゃおもしろかったです♪
●♪云々無視虫 片瞑り 
 お前のドタマはどこにあるー
●よしりん先生のおちょくりが最高です。
 そのつもりもないのに世間にインパクトを
 与えた安倍のアホっぷり。
 ある意味すごい。しかし笑えねぇ。
●これはとにかく衝撃で、メッチャ
 面白かったので、今でも忘れられません。
 よしりん先生のボキャブラリー、
 言葉の選び方がメチャ面白くて凄く印象に
 残っているので、これは外せません。
●「でんでん」は一切の理念・思考を
 持たない公人の象徴たる単語でしょう。
●いくらなんでもこの読み間違いは酷い。
 せめて「伝」の字じゃないと、でん、
 とは読めないでしょうに。
●これは外せないですね。読めないですか、これ。
●bak…最低レベルの読み間違いだと思います。
●他にも「ずぶずぶ」「そもそも」と、
 懐かしい『連想ゲーム』の
 1コーナーみたいですな。
●これは本家の流行語大賞に選ばれるべき迷言。
 しかし日本としては恥ずべき迷言。
●今年は、この一言を忘れてはいけないでしょうw 
●象徴的一言。一般人がふりがなの無い場所で
 初めて目にしたならしょうがないけど、
 総理だぜ。
●でんでんって、馬鹿なの?
 いや、馬と鹿に失礼だ・・・。
●この言葉で安倍晋三のバカっぷりが
 暴露された訳ですが、国語辞典に追加されても
 良いくらいの言霊が宿っていると思う。
●首相の無知と官僚の文書丸読みという
 国会答弁へのずぼらな態度を象徴する
 一言で、ゴー宣で繰り返し使用されたのは
 そのようなものへの憤りのようなものの
 表れだったのではないでしょうか。
●何度動画を見ても吹き出してしまいます。
 たくさん笑わせてもらいました。
 笑い事じゃないんだけど。
●安倍晋三のぼんくらぶりがよくわかるです。
●子供にもわかる、あほ首相。
●これは今年一番の大賞ではないでしょうか!?
  笑わせてもらいましたよwwww
 ちなみに、ゴルフの動画も
 笑わせてもらいましたよ~。
●でんでん、でんぐり返ってましたね。


☆ 第3位 
NHKが当確を出さないとダメです
 (祝い酒!開票速報SP! 10/22)  15票
《選考者のコメント》
●ものすごく高森先生らしかったので。
●高森先生らしい冷静さです。
●とことんブレなかった高森先生が好きです。
●視聴者も皆浮かれてたのに、
 一人冷静でおられたのが流石!
●一緒に見ていて「いやもういいだろ!」
 と何度も突っ込んでました。
 とても可笑しな、でも高森先生らしいと
 思いました。
●あの日の生放送はずっと忘れません。
●本当に心臓に悪い選挙報道でした。
●高森先生が繰り返し発言してて、
 メッチャツボに入りました。 他の3人が、
 カメラ回ってることわかってる?と
 思うほど酔っ払っていて笑、完全素面の
 みなぼんさんまでもが
 「え、でも、もう(当確で)大丈夫なんじゃ
 ないですか?」と聴いているにも関わらず、
 最後まで決してブレない男、
 高森師範、最高です!
●時にはよしりん先生の一歩先を行く過激さを
 秘めながらも、こういう律義さ、冷静さが
 また萌えなんですよねぇ。
 高森先生、大好きです。
●よーしゃなく厳しい高森先生の一言。
 途中参加とはいえ、もちろん当確が出るまで 
 付き合いましたとも。
●高森さんの冷静かつ的確なコメントが、
 見たいものしか見たくなくなりつつあった
 状況を救ってくれた言葉だと思いますし、
 当選確定後の喜びを倍増させてくれました。

ベスト3、奇しくも全て
安倍政権との戦いから出てきた
言葉が選ばれた形になりました。
結局、今年はそれに明け暮れて
しまったような感はありますが、
平成30年に反転攻勢するための、
戦いの土台を築くための年だったと、
後で振り返って言えるように
なってほしいものだと思います。

流行語大賞は、ベスト16まで
発表されました!
このブログにも順次紹介していきます!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ