ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.12.23 22:00

快晴の天皇誕生日

12月23日「天皇誕生日」。

快晴。

しかも暖かい。

子供達と大手町駅D1出口付近で待ち合わせ。

長男、次男と彼らの友人O君。

皆、身長が185センチ位。

3人並ぶとさすがにデカさが目立つ。

ちなみに、長女のシンガポール人の旦那も同じ位。

この日は勿論、いなかったが。

皇居への歩道は参賀の人達でビッシリ。

正門に入るかなり手前で持ち物チェックがある。

なので、参賀の時は極力、鞄などは持たない。

最後のお出ましに間に合った。

普通、最後の回は人が少なくなる。

しかし、今回は様子が違う。

見渡す限り人で埋め尽くされている。

若者も多い。

声を限り万歳を叫ぶ。

お優しい天皇陛下のお声に感銘。

宮殿では、陛下が参賀の国民にお応えになる合間にも、
奥で三権の長など関係者から、祝賀を次々に隙間なく
受けておられる。

お誕生日のお祝いとは言え、
ご高齢の陛下には大変なご負担だ。

この日、午後の記帳者も含めて参賀者は約5万2千人。

平成に入って、天皇誕生日としては最多だったようだ。

我々はその後、靖国神社に参拝。

更に、神保町の中華料理屋と喫茶店で
少しばかり喋って、皆と別れた。

それから私だけ古本屋巡り。

12月23日が「天皇誕生日」とされるのも、
来年1回だけとなった。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ