ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.12.24 22:00

大正天皇例祭

12月25日には皇室祭祀として
「大正天皇例祭」
が執り行われる。

第123代、大正天皇のご命日(崩御〔ほうぎょ〕相当日)だ。

小祭ながら、天皇・皇太子以外に皇族方も、
大祭と同様にお出ましになる。

大正天皇が崩御されたのは、
大正15年(西暦1926年)
のこの日だった。

謹んで御製(ぎょせい、和歌)を1首、掲げる。

かきくらし

雨降り出(い)でぬ
人心(ひとごころ)
くだち行く世を
なげくゆふべに

大正9年の御製。

天皇は、
当時の人心(じんしん)
の堕落を深く嘆いておられた。

ある夕べ、そのお嘆きに暮れておられると、
一天(いってん)俄(にわか)
にかき曇り、
強い雨が降り始めた。

神々も天皇のお嘆きに感応したのであろうか。

その時の感慨を和歌に託されたもの。

大正天皇の御製については、
つとに「天性無垢で高貴」(高橋睦郎氏)
と評されている。

又、歴代天皇の中でも
取り分け多くの御製詩(漢詩)
も詠(よ)
まれた。

ここでは、
「平安初期の嵯峨・淳和(じゅんな)の帝(みかど)
を連想するほど、大正天皇は漢詩に堪能だった」
岡野弘彦氏)とされている事実のみを紹介しておく。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ