ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.12.26 22:00

改憲を巡る4つの選択肢

わが国の憲法を巡って長年、
護憲vs改憲の対立が続いて来た。

護憲派は平和と民主主義、
リベラルな価値を守る事を目指す。

改憲派は日本の自主独立、
ナショナルな価値を取り戻そうとする。

しかし、日本の自主独立を事実上、
断念してでも“改憲”
というポーズだけを取ろうとする、
堕落した「改憲」論が現れた。

自衛隊を「戦力」未満のまま
憲法に書き込もうという提案。

安倍首相が唱える自衛隊加憲論だ。

一方、今の憲法のままでは、
平和と民主主義、リベラルな価値は
守り抜けない事が明らかになった。

その現実を踏まえて、
平和と民主主義、
リベラルな価値を守る為に
必要な改憲に踏み出す意見が出てきた。

しかも、
対米依存=従属にピリオドを打ち、
日本の自主独立を回復しなければ、
国民が望まない戦争を回避できず、
民主主義も十全に機能しない。

だから、
リベラルな価値の追及とナショナルな価値の回復は、
憲法改正という課題の上で決して矛盾しない。

それらをトータルに引き受けようとするのが、
新しく誕生した立憲的改憲という立場だ。

かくて、憲法を巡り4つの選択肢が揃った。

1番目の選択肢は、
これまで通りひたすら
憲法典の字ヅラだけを教条主義的に
守ろうとする、
思考停止型の護憲。

2番目は、
リベラルな価値を顧慮せず、
武力行使のルール化にも無頓着な、
旧来型の改憲。

3番目は、
旧来の改憲が求めていた
ナショナルな価値すら投げ捨てる自衛隊加
憲。

4番目は、
旧来の護憲派の価値観を継承しつつ、
改憲派の価値観をも包摂して、
そもそも憲法が本来果たすべき役割を
取り戻そうとする立憲的改憲

国民は、これらの選択肢から、どれを選ぶのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ