ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.1.4 02:12メディア

「そもそも総研」良かった!


玉川徹氏の「そもそも総研」を見た。

山尾志桜里氏の「護憲的改憲」を紹介していた。

年明け早々、いい仕事してくれる。

 

安倍政権が「自衛隊明記」の改憲発議を、6月か、

あるいは秋の臨時国会でやろうとしている。

 

玉川氏が言うように、「集団的自衛権」を行使する

自衛隊で固定してしまっていいのか?

いったん容認された「集団的自衛権」は、どんどん

行使の範囲が拡大していくのは必然だろう。

自衛隊は、米軍の傭兵化が進む一方。

アメリカの侵略戦争の手伝いばかりさせられる。

 

憲法9条の「平和主義の精神」はすでに崩壊して

いるのだ!

現憲法の「文字」ではなく、「平和主義の精神」を

担保するための改憲をしようというのが、山尾氏の

考えである。

 

そのためには「自衛権」を書きこんで、これに制限を

加えなければならない。

山尾氏は「集団的自衛権」を封印し、「個別的自衛権」

を拡充して、「専守防衛」に徹する憲法改正をしよう

と言うのだ。

 

安倍政権は「自衛隊」を書きこむという。

山尾氏は「自衛権」を書きこんで、制限するという。

ここが決定的に違う。

 

これに対して、共産党はあくまでも現憲法の「文字」を

守る立場であり、安倍改憲に対しては世論を盛り上げて

対抗するという。

「どうやって世論を盛り上げるのか?」という問いに、

「あんたたちマスコミがやればいいじゃないか」と

言っていた。アホである。

シールズまで動員しても安保法制を止められなかった

のに、まだ反対運動だけでやるというのだ。

どうにもならない思考停止である。

 

国会の3分の2議席で「発議」さえすれば、自民党は

ものすごい広告・宣伝費を使って「自衛隊明記」の

改憲案をメジャーにし、国民投票に臨むのだ。

共産党は国民投票で負けたらその責任をとらなければ

ならないぞ!

 

自民党はやはり「集団的自衛権」が命なのだ。

アメリカの属国に嵌っていく道を突き進むのみ!

船田元氏は9条の12項を残すから侵略戦争には

荷担しないと言うが、それは嘘である。

なぜなら「後法は前法に優先する」の原則があり、

3項を書き加えれば、12項は形骸化するのだ。

国民を騙してはいけない。

 

山尾氏の改憲案こそが現実的な平和主義であり、

共産党の護憲教条主義は自民党を利するエセ平和主義

である!

 

「ゴー宣道場」は山尾志桜里氏を2月から毎月呼んで、

憲法学者も毎月呼び、憲法論議を国民に公開し、参加

を求めていく。

今年はまず24日の「ゴー宣道場」からだ。

玉川徹氏も参加して欲しい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ