ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.1.4 02:53日々の出来事

仕事モードに突入してるぜ


昨日は東京に戻って自宅で今年初の雑煮を食った。

ホテルや旅館は暖房が入っていて、乾燥しているので、

肌や髪の調子がおかしくなり、自然な熟睡ができない。

自宅が一番いい。

 

今日発売の「SAPIO」で『ゴー宣』「憲法と山尾志桜里

の真実」が掲載されている。

週刊文春の記者の顔にボカシ入れたのは編集部であって、

わしではない。

山尾・倉持を、匿名で盗撮して掲載する権利が週刊文春

にはあって、その記者の顔をこちらが晒すのがなぜ悪い

のだろう?

公人か、私人かという判断だろうが、他人のプライバシー

を暴いてカネもらう奴のプライバシーが守られるという

のが、よく分からない理屈だ。

目には目を、歯には歯をでいいじゃないか。

 

今年初の「ゴー宣道場」は24日だが、早くこの

告知を出さねばならない。

秘書みなぼんもバナー作ってくれねばならぬよ。

 

来週配信のライジングの内容を考えねばならぬが、

何も思いつかない。困った。

 

『新堕落論』の帯付き表紙を公表しなければならない。

これも秘書みなぼんがバナー作ってほしい。

発売日が25日だからあと3週間しかないよ。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ