ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.1.8 22:00

ある政治学者の支離滅裂

政治学者で一橋大学名誉教授の渡辺治氏。

護憲派の牙城「9条の会」の事務局を担当しているらしい。

共産党の議長だった不破哲三氏との共著もある。

インタビュー記事を見ると、言っている事が支離滅裂。

天皇自身の意思による慰霊の旅、
被災地訪問なども加わり、
公的行為が際限なく肥大化した。
憲法の想定していなかった天皇像が膨らんだ」
→憲法は天皇を「
日本国民統合の象徴」と規定している。
ただ“存在”
しているだけでは、動態概念としての
「国民統合」
の象徴の役割は果たせない。

公的行為は憲法が要請し、
それに天皇ご自身がお応えになったもの。

私は公的行為は違憲だと考えるが、
仮に認める場合は…
公的行為の限界を定めた法律を整備したうえで、
内閣による統制に加えて国会での議論を義務づけ、
少数会派も含めて合意した場合のみ認めるような
仕組みを作るべき
だ」
→同氏の見解では公的行為は「違憲」。
なのに、「
仮に認める場合は…」として、
その“ルール”
についてあれこれ提案している。
違憲なら、「仮に」でも「
認める」訳にはいかないはずだ。
自分の議論の可笑しさに気付かないのか。
しかも、
ルールの中身は事実上、共産党のような
「少数会派
」の一存で、天皇の公的行為の可否を左右し、
それを“政治利用”
できるシロモノ。
論外だ。

「天皇制は、民主主義や自由と人権といった
憲法の基本原理と根本的に相いれな
い。
…女性天皇や女系天皇を認めるべきではないのか」
→「
天皇制」そのものを「憲法の基本原理(!)
と根本的に(!)
相いれない」と断定しておきながら、
その舌の根の乾かぬうちに、
「天皇制」を支える
「女性天皇や女系天皇」を「認めるべき(!)

と主張している。

これも無茶苦茶。

思考が硬直化すると、右派も左派も、
こうした自家撞着に全く気付かなくなるものらしい。

自ら戒めたい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ