ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.1.16 10:27日々の出来事

「ゴー宣道場」経営の資金は万全です


SAPIO」『大東亜論』のシナリオを完成させた。

2か月に一度だから、今までと違う「一粒で二度美味しい」

描き方を思いついた。

こうまでサービス精神を発揮する作家はいないと思う。

 

関西「ゴー宣道場」の門下生が道場についての感想を

ざっくばらんに雑談している音声を聞いた。

敷居を低くしようという試みだろうが、楽しそうなことは

良いことだと思う。

果たしてこれをきっかけに参加する人がいるかどうかだな。

 

最近の傾向としては、憲法に関心のある人が応募してくる

ということだ。

かつての年配の護憲派とか、必ずしも『ゴー宣』の読者

ではない人も興味を抱いている。

最近はそういう意味で毎月、応募者が増えている。

関西ではどうか?同じ傾向になるのか?

 

それから「ゴー宣道場」は動画チャンネルの有料動画で

成り立っている。

これを見に来る人も少しづつだが増えている。

ニコニコ動画の会員自体が激減して、YouTubeに移動して

いるらしいが、「ゴー宣道場」だけが増え続けているのは

特別な現象だ。

だから「ゴー宣道場」の経営には、金銭的には何の支障も

ない。

 

小林よしのりライジングの会員も少しづつ増えている

状況だから、ネット戦略は成功している。

ただ、「これはわしの著作を読んでないな」と思われる

読者が増えてきたので、わしの考え方の行間を読めない

人が反発することも多くなってきた。

ネットからの新読者の参入という新しい事態にどう対処

するかも考えねばならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ