ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.1.19 01:47日々の出来事

非モテこじらせ系の来襲


昨夜、「MeToo運動」をテーマに泉美さん、笹さんと共に

生放送をやったが、最後まで無料のままにしていたのは、

ずっと妙な書き込みをしている者がいたからだ。

 

その書き込みは、とにかく男女平等が嫌いで、女性宮家が

嫌いで、男の方が差別されているという感覚を持つ者だった。

 

それを見て気づいたのだが、要するに「非モテ」をこじらせた、

女性を呪う男が発生しているのだ。

「非モテこじらせ系」は、これ以上、女性が強くなるなんて

耐えられないと思っている。

 

ネトウヨの中には、「非モテこじらせ系」の男が大量に混じって

いるのだ。

「非モテ」の男は、男女平等の社会では、弱者になってしまう。

「非モテ」の男は、リベラルになれないし、フェミニストには

なれない。

男の側に余裕がないと、リベラルやフェミニストにはなれない

ということに、昨夜ようやく気づいた。

 

男尊女卑そのものが、モテない男が、女を力づくで、システム

として、弱い立場に押し込めておこうという感覚だったのだ。

だからこそ女性天皇や女性宮家にも、不快感を持つ。

女性が社会的地位を向上させること自体に反発しているのだ。

 

九州は男尊女卑が強いというが、わしはどうやら男尊女卑では

なかったようだ。

ずっとモテてきたために、女性を尊ぶ感覚が身に付いてしまい、

感覚としては「男尊女美」になっていた。

 

男はいざとなれば命がけで女子供を守る存在だから尊くて、

女はみんな優しく美しい。

わしはモテたからこんな感覚になっただけで、「非モテ」なら

女は自分を相手にもしないし、女なんか守りたいとも思わない

となるのだろう。

無残な社会になったものだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ