ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.1.24 22:00

西部邁氏の『堕落論』評価

1月25日、小林よしのり氏の『新・堕落論』発売。

このタイトルが坂口安吾の『堕落論』
を踏まえている事は
改めて言う迄もない。

その『堕落論』をどう読むか。

西部邁氏の評価を紹介しておく。

「この書はね、僕の密かなバイブルでしてね。
僕の読み方は普通の人とかなりずれるかもしれないんだけれど、
堕落論』を読んだとき、これは大東亜戦争肯定論であると思った。
…もちろん結論は、自分は単に戦争を楽しんでいた迂闊者であり、
運命を楽しんでいただけで、本当の人間を生きてはいなかったと
言います。

敗戦から、これから生きなきゃいけない、
生きるときは、
さまざまな堕落が押し寄せると。
こうは書いてはいないんですけれども、
卑怯とか、打算とか、
臆病とか、軽率とか、
そういうことが生きるということだから、
堕ちるところまで落ち切れと言う。

しかし、同時にこうも言うんです。

人間は弱いものであるから、
いつまでも堕落しているわけにはいかないんだと。

やはり堕落から逃れようとするのも人間であって、
それゆえ、
天皇制でも宗教でも構わないから、
これ以上ない堕落の底で自分の天皇を発見せよ、
自分で自分の崇高な神を発見せよという書物なんですね」
(『快著快読』)

西部氏がどこに力点を置いて読んだかが伝わる。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ