ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.1.25 22:00

「ニュース女子」収録

1月25日、東京MXテレビ「ニュース女子」の収録。

テーマは「憲法改正」。

放送は2月5日午後10時から11時とか。

私以外のゲストは憲法学者の百地章氏と
弁護士の倉持麟太郎氏。

私だけ法律の素人。

3人の9条改正案をもとに議論した。

私の改正案が最もシンプル。

倉持氏の条文案が一番長い。

長すぎて、番組中では所々「中略」や「後略」で紹介されていた。

私の案は以下の通り。

「9条2項  前条の目的をたっするため、
自衛権の行使を越える戦力は、これを保持しない。
3項  自衛権の行使は、内閣総理大臣の指揮による」

三者の改憲案を簡単に整理すると、
私と倉持氏が、「戦力」
の保持を限定的に認める点で一致し、
百地氏と私は集団的自衛権を認める点が共通した。

但し、百地氏は戦力不保持を維持しながら、
つまり個別的自衛権を十全に行使出来ない
(その結果、
対米依存が避けがたくなる)まま、
集団的自衛権に踏み込む危険性を自覚されていないようだ。

また、9条をたやすく何度も繰り返し改正出来ると、
思い込んでおられる。

「女子」たちには議論が少し難しかったか。

それどころか、司会の長谷川幸洋氏すらそれに近い状態。

もう1人の司会
の西川史子氏の場合、
議論が十分理解出来ない以上に、
どこか別の番組で、
山尾志桜里議員と倉持弁護士の悪口を言っていたらしい。

非常にバツが悪そうで、借りて来た猫のよう。

それにしても、倉持弁護士、「女子」たちに実に好評。

彼女らいわく、倉持氏の言う事だけは
「すごく分かりやすかった」と。

本当か。

ある人妻「女子」なんかは、
「山尾さんの気持ちが分かる」と、
週刊文春』の記事を半ば鵜呑みにしながら(!)、
倉持氏を持ち上げて(?)いた。

番組制作サイドはこれからも
同氏の出演を望んでいるようだ。

でも何だか心配になって来た。

それはともかく、
番組後半の憲法裁判所の設置を提案する
彼の長広舌は確かに分かり
やすく、一見の価値あり。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ