ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.1.27 22:00

最もシンプルな憲法9条改正論

憲法9条は改正すべきか否か。

改正するならどのように改正すべきか。
最もシンプルに考えてみる。

(1)国家の統治は憲法によって正当化され、規律されるべきだ。

この点には殆ど異論がないだろう。

(2)ならば、憲法に国家最大の「実力」組織、
自衛隊を正当化し、
規律する条文がないのは、放置できない。
よって、
自衛隊の解体を望んでいるのでない限り、
9条の改正は当然。

3)ところが、今の自衛隊は「戦力」未満の非軍隊。
そのままでは、自衛権を十全に行使できない
(これが対米依存=
従属の根源)。

だから、現状のまま追認する訳にはいかない。

安倍加憲では駄目。

(4)現状を改め、自衛権を十全に行使できるようにするには、
どうすべきか。
9条2項の「戦力不保持」規定を見直さねばならない。

(5)併せて、自衛権の行使を規律する事も必要。
その為には、
指揮権のありかも、憲法に規定すべきだ。

(6)以上から、次の結論になる。
自衛権を過不足なく行使できるよう
「戦力」
の保持を認めながら、それを適切に制限、
規律する9条の改正が不可避だ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ