ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.2.1 04:18政治

枝野氏よ、伊勢崎賢治氏の意見を聞け


伊勢崎賢治氏が意味深なメッセージを発信している。

 

「『理論的に正しいことと、今やるべきことは別?』

冗談じゃありません。間違った理論でやって成果が上がっても、

そうやってつくられた運動の「権威」は、運動の「支持」の

手前、間違った理論を自ら正すことにはならないからです。

やるべきことは正しい理論の下に結集することです。

山尾しおりさんの立憲的改憲を応援します。」

 

どうやら左翼運動家が「山尾氏の立憲的改憲は安倍加憲の

露払いにしかならない」とか、「安倍加憲を助けてしまう」

という主張で、まず立憲的改憲を潰そうとしている動きに

対して、伊勢崎氏は異議を唱えているようだ。

 

まったく不思議なのは、左翼運動家の敵意は安倍加憲に

向かわずに、立憲的改憲に向かっていることである。

「正しい理論」を潰して、安倍加憲への「反対運動」だけに

情熱を燃やしたいらしい。

「発議」されたら終わりだということが分からないの

だろうか?

 

こんな左翼運動家の「反対のための反対運動」に、まさか

枝野幸男代表までが影響されるとは思わないが、最近の

枝野氏の発言はもはや意味不明の域に達している。

 

枝野氏は国会の場で、集団的自衛権を解除した安保法制を撤回

させることができると思っているのだろうか?

あるいは安倍政権が憲法改正のために、安保法制を自ら撤回

するとでも思っているのか?

無理なことを理由にして、安倍政権下の憲法論議には乗らない

というのは、まるで駄々っ子だ。

 

「いやだ、いやだ。憲法論議に乗ったら、我が党の支持者・

左翼運動家が怒ってしまう。立憲主義より、今の支持率

10%だよ――――お。」と言っているようにしか見えない。

 

「正しい理論」と「今の政治的立場」を秤にかけて、

「今の政治的立場」を選ぶべきだという考えに、枝野氏が

傾いているなら、それは「立憲主義の放棄」である。

政党のアイデンティティーを捨てている。

 

10%の支持率をさらに伸ばして自民党に対抗するには、

戦う新党に変貌しなければならない。

今のままでは立憲民主党はまったく新味のない、保守と

いうより「左翼保身政党」に成り下がっている。

面白くもおかしくもない政党なので、若者が自民党を

支持するのは当然だろう。

 

伊勢崎氏の指摘は正しい。

「やるべきことは正しい理論の下に結集することです。」

全くその通りだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ