ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.2.22 03:19新刊情報

『新・堕落論』充実感と絶望感、そして少しの希望。

『新・堕落論』の感想、
ライジングコメント欄から
ご紹介します!



ようやく「新・堕落論」を読むことができました。
最近堕落していて、電子書籍を購入することが
多かったのですが、やはり小林よしのりの
新刊は紙書籍で読まないといけないと思いました。
いつもより物理的な厚さとしては
薄かったのですが、中身はものすごい
重厚感でした。
一章ごとに感想を書きたい気分です。

名前だけしか知らなかった「堕落論」の
美しい文章を紹介して下さり
ありがとうございます。
私の頭では読み解けなかったであろう
ニーチェやシュンペンターなどを
分かりやすく解説して下さって
ありがとうございます。

必死に頭を回転させながら読みました。
ものすごい充実感で面白かった!
読んでよかった!と思い、
同時に絶望感にもとらわれました。
もうこの世界は奴隷が支配していて、
私もその一員なのだ、ということを
思い知らされました。
「トカトントン」が鳴り響く
ことがあります。
私ごときが何か考えようが世の中
変わるわけではない、死ぬまで
衣食住困らなければいいんじゃないか?
奴隷であっても喜びや悲しみ、
生きがいを感じることができれば
いいのではないか?
戦後70年ただひたすら堕落し続ける
だけだった私達が、今から少しでも
浮上する方向に転換できるのか?

でも少しでも希望を感じているからこそ、
先生もこの本を書かれたのでしょうし、
私も「トカトントン」に
打ち勝ちたいと思います。
(mihokoさん)

充実感と絶望感、そして少しの希望。
これだけの感覚を味わえる本は、
そうそうありません!
そんな感覚を味わうなんてシンドイ、
などという人は、
生きながら死んでるようなもの!
生きているなら、これを読みましょう!
トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ