ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.3.4 02:47日々の出来事

久米宏は未だに頭の回転が速い


久米宏氏のラジオ番組に出たら、なんと久米氏もわしが

「立憲的改憲」の議論から撤退するとブログで発表した

ことを知っていた。

マスコミ関係者も、知識人も、かなり多くの人々がこの

「ゴー宣道場」のブログをチェックしている。

 

保守か革新かというテーマだったらしいが、聴取者の

電話が鳴りっぱなしだったのに、久米氏の質問にわしが

答えだした途端、電話がピタッと止まってしまったらしい。

耳を澄まして聞き入ってくれてたようだ。

そこで「立憲的改憲」の必要性も、しっかり訴えてきた。

 

それにしても久米氏の頭の回転の速さは凄い。

それまでの番組の流れも、わしに渡されていた質問内容も

無視して、次々に質問をぶつけてくる。

30分で、あんなに突っ込んだ内容をメディアで話した

のは初めてかもしれない。

久米宏って73歳、わしより10歳も上だ。

それであの頭の回転が維持できるなら、わしもまだまだ

活躍できるかもしれない。

 

中島岳志氏と顔をあわせたので、「ゴー宣道場」にゲスト

で来てくれと頼んでおいた。

喜んで来ると言ってくれた。

過去に激しくやりあって、今でも違う部分はあるが、

意見の一致する部分も多くなった。

 

西部邁氏が亡くなった後、中島氏と話し合ってみたい

ことはいっぱいある。

その日が来るのが楽しみだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ