ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.3.4 23:39日々の出来事

「ゴー宣道場」は立憲的改憲から撤退しない


「ゴー宣道場」の「立憲的改憲」からの撤退を撤回する。

原因はわしの誤読だったらしい。

 

もちろんわしがブログ一発で撤退などという重大な決意を

するはずがなく、その前に倉持氏のメールにおける侮辱的な

表現があり、その件をたしなめてくれと高森氏に頼んでいた

のに、その結果をわしに報告することもせず、出てきた

高森氏のブログが、まるでわしをあざ笑うかのような表現で、

倉持氏をたしなめるどころか、大絶賛する結論だったので、

これまでわしが最大の信頼を置いてきた高森氏が、まさか

ここまで豹変してしまうとはと絶望してしまったのだ。

 

高森氏も、倉持氏も、あくまでも憲法学者等、法律共同体

の「世間」からの視点では、「ゴー宣道場」は「狂信的云々」

というイメージに見られているという意味らしい。

 

憲法改正は憲法学者の世間でしか変えようがないらしい。

「国民主権」なんて大嘘で、国民が権力を縛るために憲法を

変えたりできやしないのだ。

一番大きく力を発揮するのは憲法学者らしい。

この憲法学者とて考え方が分裂しているので、とにかく

厄介な世間なのだ。

世に知られている有名な憲法学者は、「専門家以外が憲法を

語るべからず」と、とてつもない権威主義で、国民を完全に

侮蔑している。

いつか徹底的に批判し、抹殺してやりたいと思う。

 

「国民主権」の無意味さを感じつつも、「ゴー宣道場」

しか国民と憲法学者を繋ぐ場はないようだ。

「あえて真意を質さず」の態度で、もう一度結集しよう

じゃないか、諸君!

 

反対運動だけでは与党の「発議」を止められない!

反対運動だけでは「国民投票」では勝てない!

反対運動だけでは「主権なき国家」から脱出できない!

 

「立憲的改憲」しか、真っ当な主権国家に導く道はない!

 

「ゴー宣道場」は「立憲的改憲」を目指す。

ただし、言っておくが、「ゴー宣道場」をマイルドな場に

する必要などない。

「世間の偏見」をねじ伏せるほどの胆力が必要な場である。

そして「情」の共同体でもある!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ