ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.3.9 12:27日々の出来事

「井の中の昭恵、社会を知らず」は予言漫画だった!


 

わしは本当に自分の予言力と究極の洞察力に驚いている。

『よしりん辻説法』(光文社)の説法5を見よ!

「井の中の昭恵、社会を知らず」は、

やっぱり大傑作だった!

 

巨大な「忖度システム」の頂点に誰がいるのか?

安倍昭恵とその夫に突き当たるということを去年の段階で

堂々と描いており、当時も「ここまで描いていいのか?」

「小林よしのり、危ないんじゃないか?」と囁かれていた。

 

坂本弁護士事件の犯人を公然と描いてしまったとき以来の

やり過ぎ感があったのだが、今年になったらどうだ?

財務省は決裁文書を改ざんしているし、近畿財務局の

森友学園との交渉担当の職員が自殺するし、佐川国税庁

長官が一度も公式に記者会見することもなく、とうとう

辞任せざるを得なくなるし、森友疑惑が最悪の展開で

燃え盛っている。

 

改ざんされた公文書の核心を紐解けば、必ず安倍昭恵

行きつくのだ。

昭恵夫人を証人喚問せざるを得まい。

それをどうしても拒否するのなら、安倍首相が辞任する

しかないということだ。

 

『よしりん辻説法』(光文社)説法5

「井の中の昭恵、社会を知らず」は、
予言漫画
だった!
震撼せよ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ