ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.3.10 22:00

憲法9条と沖縄

護憲論者に問いたい。

沖縄を見捨てるのか、と。

憲法9条の「戦力不保持」規定と沖縄の軍事基地化は、
少なくとも同趣旨を憲法に盛り込む指示をしたマッカーサーに
とっ
ては、不可分の“セット”だった。

「日本の安全をどう守るか…マッカーサーは、
あるいは米国の軍部は、
日本占領以前にある腹案をもっていた。
それは沖縄の軍事基地化である。

…1945年12月に成立した『改正衆議院議員選挙法』では、
こともあろうに、
沖縄県民の選挙権は、―本土ではこの法律で
『女性参政権』
が付与されたにもかかわらず―停止されたのであった。

1946年4月の選挙は、改正された憲法(今の憲法=引用者)
の是非を決める選挙であったから、沖縄県民は、この憲法の是非を
争う選挙の埒外(らちがい)
に置かれたのであった。

つまり、マッカーサーにとって『戦争の放棄』
(正確には『戦力不保持』=引用者)とは、
沖縄に軍事要塞化を強い、本土にのみ適用される憲法で
戦争の放棄』を可能にした、と見ることができる。

一方で、沖縄の基地化こそ、本土における『平和と民主主義』
の限界を示すものであった」
(古関彰一氏『平和憲法の深層』)

実際に、沖縄の駐留米軍を縮
小、撤退させたいなら、
国際情勢の現実に鑑みて、
自主防衛の拡充を図るしかない。

しかし、それを阻害しているのが、他ならぬ9条の
「戦力不保持」規定だ。

護憲論者は沖縄にある米軍基地の固定化を訴えているに等しい。

もし憲法の「戦力不保持」を維持しながら、
米軍基地を撤去し得る可能性があるとすれば、
それは恐らくアメリカと中国との軍事的・政治的関係の中で、
アメリカが(何らかのメリットを得る見返りか、又はデメリット
を避ける為に)日本を中国の影響下に“
置き換える”判断をした場合
だろう。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ