ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.3.13 12:19新刊情報

『新・堕落論』生きること自体が堕落なのか

『新・堕落論』
第4章『トカトントンが鳴らぬ者』
身近な堕落について描いた
第2・第3章を挟んで、
ここでは第1章の話に戻ります。

昭和20年8月15日、
突然「敗戦」という現実を
突きつけられた国民は、何を思ったか?
後世の価値観で歪められていない、
当時書かれた日記そのままの引用は、
今日の感覚からは想像もつかないような
激烈なものでした!

こんなことがあっていいはずがない、
死ぬのが本当だと思い、
実際に自決した人たちもいたのです。

これを読んで、ようやく
太宰治の『トカトントン』の
主人公が感じた虚脱感が
わかるのではないでしょうか。

ところが、敗戦の現実の前に、
一切衝撃を受けず、虚脱感も湧かず、
「トカトントン」も鳴らなかった人がいた。
それが、よしりん先生のお父様!

このエピソードは、強烈です。

しかし、どんなに敗戦に対して
激烈な感情を抱いた者も、
生き続けていれば絶対に
その思いは薄れていく。

それを堕落というのか。
生きていくこと自体が堕落なのか。

生きるとはどういうことなのか、
強く深く考えさせらます!
トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ