ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.3.15 14:03日々の出来事

呪われた安倍政権


財務省の決裁文書・改ざん事件が毎日とんでもない事態に

なっていく。

自殺した近畿財務局職員の遺書が明らかになって、

「勝手にやったのではなく、財務省の指示があった」と

証言している。

彼は真面目な「公僕」だったから、公文書改ざんという

犯罪に手を染めたことが苦痛でならなかったのだろう。

自殺するまでに追い詰められていたのだ。

 

文書の改ざんは国交省が5日に官邸に報告していたのに、

安倍首相はこれを隠していて、11日に知ったなどと

虚偽答弁をしていた。

 

加計学園の問題でも今治市の文書が改ざんされていたと

言うし、なんと文部科学省が前川喜平氏の講演にあれこれ

いちゃもんをつけたり、録音データの提供を求めたり、

言論弾圧をしている。

もうムチャクチャだ。

 

首相夫人・昭恵の森友学園への肩入れから始まって、

昭恵の秘書・谷からも後押しがなされ、「特別案件」と

して財務省や国交省で忖度され、さらにそれを政治家や、

おそらく官邸からも上からの「特例」の指示が出されて、

とうとう財務省の文書改ざん、そして職員の自殺、

ついには民主主義の破壊にまで到達してしまった。

 

安倍政権の他の政策がいいから、このくらい許してたもれ、

なんていう奴は「民主主義」より「人治主義」を信じる

中国人か、北朝鮮人と一緒である。

 

こんな政権がもつとは考えられない。

普通なら内閣総辞職だ。秋の安倍3選は無理だろう。

当然、この政権下での国民投票は無理!

野党や左翼が言っていた「安倍政権下での憲法改正には

反対」という論理が、正当性を持ってきた。

 

民主主義を崩壊させる安倍政権、国民の信用を喪失した

安倍政権が憲法改正の国民投票など、やれるわけがない。

これは「立憲的改憲」を推すわしの思惑からも相当に

外れてきた。

それでも安倍政権の終焉なら、パーティーを催すが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ