ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.3.21 02:46日々の出来事

内閣人事局は問題ある


今朝のモーニングショーで玉川徹が「内閣人事局」に

ついて、肯定的な発言をしていた。

その例として持ち出したのが鳩山由紀夫の「少なく

とも県外」が外務省や防衛省に頓挫させられた件だ。

 

だが、あれは官僚の造反が真因とは思わない。

もともと米軍基地をどこに置くかという判断には、

日本政府は関与できない。

憲法9条のせいで日本は国家主権を持っていないの

だから。

 

わしは森友学園への国有地タダ同然売却事件と、

財務省の公文書改ざん事件は、「アッキード事件」で

括れるものだと考えるし、「内閣人事局」の悪影響だ

と思っている。

 

太田理財局長が「お仕えした方にお仕えする」と

言っていたが、そのお仕えする方が単なる「政権」

になっていて、「公」になっていないのが問題なのだ。

 

和田政宗議員に関しては単なるネトウヨの陰謀論で

考慮に値しない。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ