ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.3.23 13:19日々の出来事

朝日新聞の「怜悧な奴隷のルサンチマン」


今日は朝刊を読む時間もなく、コンテをやっていたので、

さきほど朝刊を読んだ。

「護憲VS改憲を超えて」というオピニオンのページに、

3人登場している。

 

山崎望氏は「改憲は危険だ」と考える人だ。

英国が欧州連合からの離脱を決めた「国民投票」が間違い

だったと決めつけている。

それはあなたの見解に過ぎないと、わしは思う。

わしは経緯に不手際などもあったが、それでも結果として

英国の「国民投票」は良い結果が出たと思っている。

恐らくエマニュエル・トッドもそう言うだろう。

 

「国民投票」は国民を分断するなんて言ってたら、永遠に

実践できない制度になってしまう。

愚民思想の持ち主なんだろう。

国民はしっかり議論する場が与えられれば、熟慮し、良い

選択をするはずだと信じるしかない。

民主制はそういうもんだ。

 

憲法改正の議論を国民が必要とする機運も高まっていない

という意見も、決めつけである。

政治家でも、マスコミでも、議論そのものを封じるから

高まらないだけだ。

議論の場を作り、議論の選択肢を与えれば、熟議の末、

正しい選択をするはずだと、国民を信じるしかない。

 

『新堕落論』で描いた「怜悧な奴隷のルサンチマン」を

彷彿とする意見だ。

 

「ゴー宣道場」に来て、「立憲的改憲」という選択肢が

あることに注目せよ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ