ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.3.26 00:26ゴー宣道場

「ゴー宣道場」応募〆切、あと3日だ


48日(日曜)「ゴー宣道場」の参加応募締め切りが、

あと3日に迫った。

 

特別ゲストは慶應大学の憲法学者・

山元一慶應大学教授である。

テーマは「権力の腐敗と立憲主義」とする。

 

首相夫人・昭恵が森友学園の名誉校長にならなければ、

国有地の8億引きはなかったし、財務省の決裁文書

改ざんもなかった。

籠池氏だけでは「アッキード事件」は起こらなかった。

 

橋下徹は「忖度はあってしかるべき」と言っている。

馬鹿である。

官僚は官邸を「忖度」してはならない。

憲法152項「すべて公務員は、全体の奉仕者で

あって、一部の奉仕者ではない。」

公務員が「忖度」すべきは「公」であり、国民全体で

あって、断じて一部の官邸ではない。

官僚が官邸しか見ないのは憲法違反である。

 

だが憲法には罰則がない。

だから権力は憲法を守らないし、国民も守らなくて

いいと思っている。

現在の憲法は死文化している。

 

48日の「ゴー宣道場」では、山元一教授をお招き

して、立憲主義の意義をますます明確にしていこう。

もちろん山尾志桜里議員も登壇する。

 

参加申し込みの締め切りは328日(水曜)である。

奮って応募せよ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ