ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.4.19 00:45メディア

パワハラはテレビ局、セクハラは事務次官


財務省の福田事務次官からセクハラ被害を受けていた

女性記者というのは新聞記者ではなく、テレビ朝日の

記者だったらしい。

1年半も前から電話で呼び出されて、何度も会食して、

セクハラが苦痛で会話をこっそり録音していたという。

 

苦痛なら会うこと自体を拒否すればいいのに、

「組織人」としては会って取材しなければならなかっ

たらしい。

ならば上司に担当を替えてくれと言えばいい。

上司がそれを拒否したのなら、テレビ朝日の上司こそ

がパワハラの主役だ。

 

パワハラはテレビ朝日にあり、セクハラは事務次官に

あったということだろう。

 

美人で才媛の記者をホステス替わりに使って、男の

スケベ心に乗じてネタを取ろうというのがテレビ局の

戦略なのだから、事務次官は思惑通りに嵌っただけ

じゃないか。

 

しかもセクハラを報道してくれと女性記者が上司に

頼んだら、拒否されたという。

拒否されたから週刊新潮に垂れ込んだのだ。

無茶苦茶だな。

 

「他の被害者が出ないように」という正義を掲げても、

無断で録音した音声を他の報道機関に提供して、

報じてもらうというのは、ジャーナリズムの精神に

反している。

会社を辞めて他の報道機関に垂れ込むなら「個人」の

判断としてまだ理解できるが、「組織人」のまま、

それをやるのはプロとは言えない。

 

ある意味、福田事務次官はハニートラップに引っ掛か

って理性を崩壊させた憐れなスケベオヤジにも見えて

しまう。

 

セクハラと聞けば条件反射で批判すればいいってもん

じゃない。

今のテレビを見てたらアナウンサーも美人しかいない。

美人アナウンサー、美人記者を使って、情報をとる

こと自体が、男の欲望を利用する作戦じゃないか。

テレビ局こそがセクハラとパワハラの主体だ。

そのくらい常識ある大人なら分かるだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ