ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.4.20 01:00メディア

羽鳥モーニングショーから見えた欺瞞


羽鳥モーニングショーは評価している番組だが、残念

ながらセクハラ問題では、こうも欺瞞的で狂ってしまう

のかと驚いた。

やっぱりテレビ朝日が当事者だからか?

 

なんとセクハラが「大犯罪」で、痴漢より悪いと言い

出した。

女性にとって、心理的にも、肉体的にも、痴漢の方が

悪いに決まっている。

痴漢は違法行為であり、犯罪であるが、セクハラは

違法行為ではない。

このヒステリックな正義感こそが全体主義への道を

舗装してしまう。実に恐ろしい。

 

わしはセクハラを根絶せねばならないと思っているし、

『よしりん辻説法』で描いたように、セクハラ・パワハラ

をなくすMe too運動にも「基本的には」賛成している。

 

財務省の福田事務次官は週刊新潮の報道後、すぐに謝罪

すべきだった。

謝罪し、反省し、そして仕事を続けるべきだった。

報道後の対応が全くダメだった。

今もセクハラ自体を否定するようになったのは最悪の

対応だと思っている。

 

だが、それでもテレビ朝日の方がもっと悪いと思う。

女性記者は福田次官のセクハラが嫌なら、行くべきでは

ないし、「組織人として行かざるを得ない」というなら、

そんな取材を強要している組織自体が「パワハラ」を

やっている。

女性記者が糾弾すべきはテレビ朝日だろう。

 

美人を差し向けて、情報を取ろうとしているのは間違い

ない。

それが取材ならば、テーブルに堂々と録音機材を置く

べきだ。

その瞬間にセクハラ発言を封じることができる。

こっそり録音して、他のメディアに渡すのは卑怯である。

「公的」な付き合いなのか、「私的」な付き合いなのかを

曖昧にして取材しようという姿勢が、セクハラ発言を

誘発しているのだ。

 

ただしわしは、「公私混同」をうまく利用する取材方法が

悪いから止めろと言う気もない。

「公私混同」させて男の油断を突き、情報を引き出す

という「くノ一戦法」をやるのなら、男が「私的」な

感情をむき出しにするのを適当にあしらうべきなのだ。

 

世の中がピューリタニズムの方向に流れるばかりでは、

共謀罪の目指す世界と変わらない。

右傾イデオロギーも、左傾イデオロギーも、バランスが

崩れるのが常だ。

わしは、セクハラをなくす立場から、福田事務次官より

テレビ朝日の方が悪いと判定する。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ