ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.4.24 12:37お知らせ

セクハラ根絶したけりゃ欺瞞を言うな!ライジング267配信!

質悪世論で本質を見失うな!
小林よしのりライジングVol.267
配信です!
今週号のタイトルは
「セクハラとジャーナリストの覚悟」
財務省の福田事務次官の
セクハラ発言問題では、
ただひたすら福田氏個人の問題として
これを糾弾する方向にのみ
マスコミ・世論は動き、
野党はそこから麻生財相の
任命責任追及によって
政権を追いつめようとしている。

しかし、それでは
セクハラはなくならない。
セクハラが起こるシステムを
変えない限り、同じようなことは
起こり続ける。
そして、マスコミにおいては
そのシステムが変わることはない。

欺瞞を排してセクハラ問題を語る、
日本で唯一の分析がこれだ!


泉美木蘭のトンデモ見聞録
「ファクトチェックとはなにか
 米国編」

どこもかしこも
フェイクだらけになっている
世の中だが、この無茶苦茶な状況に
対抗する手段はないものか?

最近日本で始まった動きと、
先行する米国のファクトチェック
について報告する!


【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
 …福田財務事務次官のセクハラ問題、マスコミや
 一般人の多くが、「普通の人間は組織に依存せざるを
 得ず、個人では戦えない」
 「だから社員を会社が守るべきだ」と主張し、
 セクハラを理由に官僚バッシングに精を出している。
 官僚のトップは叩きやすいが、テレビ局や新聞社は
 叩きにくいらしい。
 セクハラ根絶のために欺瞞を粉砕せよ!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
 …フェイクが蔓延している昨今だが、今年、日本では
 初めてファクトチェック専門の団体である「FIJ」が
 設立され、ファクトチェックが本格始動した。
 一方、米国では「ポリティファクト」という団体が
 11年前から活動しており、大統領、ホワイトハウス、
 議員、立候補者、ロビイストや関係団体などの発言
 について検証を行っている。
 ファクトチェックの実態とは?
※よしりんが読者からの質問に直接回答
 「Q&Aコーナー」!
 新ドラマを見る決め手は何?
 女性差別問題、欧米とは違う日本なりの解決法とは?
 よしりんファンだった父がネトウヨ化してしまった
 理由は?
 立憲主義的憲法改正と日米地位協定、どちらを先に
 改正すべき?
 男にとって仕事と商売は別?
 「透明感」って一体なんなの?
 …等々、よしりんの回答や如何に!?
【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第274回
 「セクハラとジャーナリストの覚悟」
2. しゃべらせてクリ!・第225回
 「ぽっくん落ち込み中! 愛の言葉をクリ~!
 の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第78回
 「ファクトチェックとはなにか 米国編」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記
トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ