ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.4.26 22:00

憲法は隅の隅?

倉持麟太郎弁護士から
最近刊行された憲法関係の本を教えて貰った

どれも興味深そう。

そこで後日、新宿に立ち寄った際、
紀伊国屋書店で探してみた。

人文関係書は3階で扱っている。

今まで余り意識しなかったけど、
法律関係書はこのフロアの隅にまとめられている。

憲法関係のコーナーを探すと、
更にその一番隅にあった。

窓際というか、壁際というか。

「憲法」は隅の隅。

それだけ、専門家の独占物に近い存在になっているのだろう。

新聞・テレビなどのメディアで、
憲法はしばしば取り上げられる。

露出は決して少なくない。

しかし、踏み込んで関心を寄せる人は殆どいない、という事か。

又、(しかるべき水準は保ちつつ)非専門家にも
幅広く関心を喚起し、
読みやすく編集されている本も、
極めて稀ではないか。

今回、刊行される
『ゴー宣〈憲法〉道場』白帯編(毎日新聞出版)
が、
一般の読者にとって、そのような本になっていれば嬉しい
書店には4月28日頃に並ぶそうだ)。

ちなみに、私は目的の本を手に入れた。

辻村みよ子・長谷部恭男・石川健治・愛敬浩二編
『「国家と法」の主要問題』(日本評論社)

宍戸常寿・林知更編
『総点検 日本国憲法の70年』
(岩波書店)

長谷部恭男編
『論究憲法』(有斐閣)

の3冊だ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ