ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.4.27 04:04新刊情報

「ゴー宣〈憲法〉道場」を買うべし


『ゴー宣〈憲法〉道場』(毎日新聞出版)の宣伝を
泉美木蘭さんが「モーニングクロス」でしていて、
ああ、
わしも書かにゃ――――と焦った。

わしは『おぼっちゃまくん』のペン入れの分量が多くて、
もうあたふたしていて、なかなかブログが書けない。

正直、まだ全部読んでいなくて、山尾志桜里氏と
井上達夫氏
の文章を読み、あとはバッと飛ばして、
楽に読めそうな
笹さんと泉美さんの対談部分しか
読んでない。
あのコーナーはホッとしてくつろげるね。

笹さんの文章が一番右寄りで、いい仕事してるなあと
感心した。

普通、憲法学の本はただ難しくて退屈で、机の前で
構えて
しか読めない。勉強する覚悟が要る。

しかし『ゴー宣〈憲法〉道場』なら、その覚悟が要らない。
駒村圭吾曽我部真裕という一流の憲法学者が、我々、
一般人の目線まで降りてきてくれているから、楽な気分で
読めて、憲法について学ぶことが出来る。

これが「白帯篇」、6月の「ゴー宣道場」が終われば、
「黒帯篇」が出ることになる。
現在の改憲派、護憲派の人々は、イデオロギーだけで、
そもそも憲法について知りたいとも思っていない。
『ゴー宣〈憲法〉道場』は良き入門書になるのだから、
ぜひ読んでおきたい本だ。

すでに予約は始まっていて、4月30日には発売される。
5月3日の「ゴー宣道場 拡大版」では、師範たちの
サイン入りの本が販売されるだろう。

わしも5月3日までには、全部読むぞ―――――っ!

「ゴー宣〈憲法〉道場1・白帯」

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ