ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.5.1 22:00

NHKの取材

先日、NHKの取材を受けた。

平成の歳月を振り返る番組を企画しているらしい。

その絡みで、さる件について。

もはや、その出来事の舞台裏を
詳しく知っている者は、数少ない。

特に、私はやや特別な関わり方をしていた。

その事について、今となっては貴重な記録とった
ブックレットの制作にも、
中心的に関わった。

そんな経緯から、先にある全国紙が私に取材していた。

NHKの記者はその記事も読んでいた。

平成の日々を回顧する場合、
あの出来事は確かに見逃せないだろう。

数少ない当時の実情を知る証人の1人として、
対応できる範囲で精一杯、取材には協力した。

それは将来への貢献にもなると信じて。

ーなお5月1日のブログで、
「転校」と書くべき箇所を、(
変換ミスで)
「転向」と誤っていた。

謹んで訂正する。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ