ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.5.6 04:55ゴー宣道場

「ゴー宣道場」アンケート回答1


53日(木曜)、第72回「ゴー宣道場 拡大版」が

目黒区民区役所の会場で行われた。

500人を超える応募から選ばれた400人の方々である。

「ゴー宣道場」の日は不思議に晴れる。

この日は雨の予想だったが、ちょうど午後から晴れに

なった。

会場でアンケートに記入してくれた人々の感想を紹介し、

ひとこと回答をしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆枝野さんが来てくれて良かった。

つじもっちゃんがゴリゴリの教条的護憲派ではないこと

にビックリ!!

枝野さんがはっきりと「立憲的改憲」と言ってくれて、

最後によしりん先生とガッチリ握手をされていたところ

に感激しました。

(新潟県・47歳・求職中)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう枝野氏を批判しないぞ、と決心するわしです。

枝野氏を批判したくなったら辻元に責任転嫁したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆コスタリカ憲法の真実について知ることができた。

護憲派は非武装かつ中立の例と考えていたが、非武装

でも中立でもないことがわかった。

枝野氏が約束を守ってくれたことがうれしく、また、

政治論と憲法論のことを分かり易く説明してくれて、

希望を持てた。

(青森県・38歳男性・小学校臨時講師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつかその日のために、立憲的改憲の普及に努めるしか

ないよ。回復の民権を続行する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆コスタリカが決して日本的な戦力放棄ではないことを

教えてくれた井上先生、主権とは何か、日本も戦争の

当事者であることを再認識させてくれた伊勢崎先生に

感謝です。

自衛隊員が犯した罪を軍事的に裁けないジブチの現状

は危なすぎると思います。

日本の価値が下がりかねない。

(埼玉県・26歳男性・研究所勤務)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの二人は最高のゲストだったね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆井上先生がおっしゃった「護憲派の9条信仰の裏には

米軍に頼る気持ち(安保条約)がある」というのは

護憲派も思考は安倍加憲と同じだと思いました。

伊勢崎先生のガンジー主義のお話にあった、市民による

不服従と国防は切り離して考えるべきというのは

目からウロコでした。

(長野県・39歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

護憲派と改憲派、同じ穴のムジナだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「憲法第9条第2項があるからこそ、日米地位協定の

改正ができない」と言う伊勢崎先生のお話には、衝撃を

受けました。

その論理を聴くと、全くその通りなので、勉強になり

ました。

(愛知県・45歳男性・司法書士)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米軍に主権をあずけますと憲法で言ってるんだから、

どうしようもないよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆憲法は権力をしばるものであるから憲法学者だけでは

むりがあると思う。

日本の地位協定は理解不可能です。

(神奈川県・13歳男性・学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンケートの中に子供を入場させていいのかという意見

があったが、あんたより13歳の子の方が、頭がいいよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆安倍政権に対して「もうこいつには何やってもダメだ」

と言って放っておくのは権力がさらに暴走する、という

ことに僕は納得した。

またイラク派遣の「法の空白」についても、どんなに

見せかけだったかを知り、とても腹立たしく感じた。

(静岡県・13歳男性・中学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見ろ!やっぱり13歳の子の方が、頭がいいよ。

彼らがこれからの日本を作っていくんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆恥ずかしながら、憲法についての知識もほとんど持たず、

見識も深めていないままの参加になってしまいましたため、

冒頭しばらくの井上先生、伊勢崎先生のお話に中々ついて

いけませんでした(コスタリカやジブチのことを知らな

かったせいです)。

ですが、それはそれとして、山尾先生や小林先生が補足

しながらお話を進めて下さったので、「不平等条約の

押しつけと、押しつけられていることは、同根の問題に

発しているのだと理解できました。

「アメリカは武器を消費したくて侵略戦争をしている」

という小林先生のお話には、改めて背筋がぞっとしました。

(東京都・38歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予備知識がない人に、解説するのがわしの役目です。

政治家・山尾志桜里も一般庶民と常に向き合っている

ので、言葉が分かりやすい。

わしと山尾氏は似ている点がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆長谷部さんが専門家でない人間が憲法に関して口を

出すなと言う発言にはあきれた。

憲法は権力者を縛るものであり、国民のものなので

憲法学者たちのものではない。

権力者が憲法を守らなかったら、憲法学者の方たちが

歯止めをかけてくれるのかと思う。

憲法学者の権威がある人が憲法の本質を忘れてしまう

のは非常に残念だと思った。

(東京都・38歳男性・俳優)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回「ゴー宣道場」に来てくれた憲法学者・山元一

教授は、全く逆のことを言っていた。

国民が作る権利があるのだと。

権威主義に嵌ったらおしまいだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆護憲派のよく言う安倍政権のように平然と憲法違反

を行う権力者が出ると憲法改正は無意味だという意見

に対し、山尾志桜里氏のそれでも立憲的改憲を唱え

続けるべきだという主張に勇気づけられた。

憲法を自分事として考え続けるべきだと改めて痛感

させられた。

(神奈川県・47歳男性・無職)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

権力者の暴走は誰にも抑えられないと居直っている

護憲派って、北朝鮮にでも行けよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆日米地位協定が改定できないのは右も左もアメリカ

に対する甘えがあるので、自衛権を強化することは

甘えを断つことがわかりました。

自衛隊員が自己責任で発砲しなければならないことを

知りました。

(神奈川県・45歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いざとなったらやりますよと言ってた自衛隊員がいた

なあ。頼むと言っておいたが、それじゃマズいのよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆当選メールが迷惑メールに分類されており、参加を

諦めていたのですが、昨日、「もしや?」と確認した

ところ当選メールが!

慌てて家族に説明し、新幹線に乗ってきました。

会場は本当に、ウワサ通り、フツーの方々がほとんどで、

小林師範を始め、みなさんのフツーの感覚(保守と言っ

て良いのでしょうか)をそのままとらえられる方々なん

だろうと思いました。

枝野議員の心意気に触れ、感激しました。

笹さんが予想通りかわいい方でした。

(長野県・42歳男性・自営業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当選メールが来なかったと勘違いしてる人もいっぱい

いるんだろうな。

泉美さんも可愛かったと言え。

片方だけ言ったらセクハラだぞ。

いや、可愛いという褒め言葉は、ブスとの比較で言う

言葉だから、笹さん以外の全ての女性をブスと言ったに

等しく、大セクハラじゃないか?

うわあああ・・最近、セクハラには超神経質なんだぞ

――――――!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今回の会場は快適で今後もここで行ってもらえると

うれしいです。

質問は記述方式のほうが、より議論しやすい感じが

しました。

(東京都・48歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎回、400人集めるのは大変だよ。

ギリギリにならないと応募してくれないから、恐いん

だよ。

わしは質問してくれる人の顔を見たいから、労務会館

では挙手の方がいい。

大会場はマイクを渡すのが大変だから、記述方式の

方がいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆初めて参加しましたが非常にわかりやすく、また

自分自身の中での問題意識も目覚めました。

またぜひ参加したいです。ありがとうございました。

(埼玉県・40歳男性・団体職員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初参加でこういう人が現れるのが嬉しいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆子連れが意外といたのが驚きです。

せっかくの連休に憲法談義に連れていく親ってすごい

ですよね。

私自身は関心があっても、なかなか家族まで巻き込め

ません。

質問を質問用紙にまとめる方式はいいですね。

自説をとうとうと述べる人に時間を無駄にされないで

済みます。自分が授業するときも取り入れたいです。

(東京都・55歳女性・作業療法士)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供連れで炎天下、デモをするような運動は、わしは

疑問を感じますが、「ゴー宣道場」はあくまでも室内

の議論であり、良き観客です。

子供がいるから自分の知的好奇心を抑えなければなら

ないなんて、ナンセンスです。

「ゴー宣道場」は毎回、子連れでも入れてます。

子供も案外、しっかり聞いてる子もいるもんです。

赤ちゃんの場合は大泣きするようなら、そっとロビー

に出てあやせばいい。

泣き止んだらまた席に戻ればいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆自分は昔は護憲派でしたが、自民党の改憲草案に

ついて批判した本を読んでから立憲主義は本当に守ら

なければいけないと思い、さらに井上さんの著書も拝読

して、立憲主義を貫くためには護憲をとなえるだけでは

いけないと思うようになりました。

今日の先生方のお話しで、より一層立憲主義を貫こう

という思いを強くしました。

(埼玉県・20歳男性・学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

論理的に思考できる若者は素晴らしい。

イデオロギーに嵌らず、思想し続けるのがいいよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆井上先生のトークに圧倒され、枝野代表とよしりん先生

の熱意に痺れ、刺激的な会でした。

よしりん先生のジャケットが舞台の上で一段と光り輝い

ていました。

以前は条文を早く見たいと思っていましたが、山尾議員の

最後のお話を聞き、公開していなくて正解だと思えました。

私は大学で政治学、特に統治機構について専攻している

ので、非常に興味のある分野ですので、今後、条文等の

議論になった際には突っ込んで参加させていただきたい

と思います。

(東京都・21歳男性・大学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解答だけ見たがったら護憲派や改憲派と変わらない。

恩賜の民権にならないように、議論してきたんだ。

だが、いよいよ夏ごろ、山尾さんが条文を出してくる。

8月の「ゴー宣道場」でそれを議論するかも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆伊勢崎先生の様々なご経験に基づくお話には驚きの

連続だった。

戦場の厳しさを身をもって知っておられる先生だから

こそのお話から、現場の自衛官がどれほど過酷な状況に

置かれているか、理解を深めることができた。

井上先生からは情熱を感じられた。

左右のギマンを鋭く見抜く先生からは、もっと勉強して

みたいと思わせられた。

そして、枝野氏が少しの時間ながら登場してくださって

嬉しく思った。

氏の立場が立憲的改憲であることを明言して下さったので、

以後も厳しく温かい目で注目していきたいと思う。

「おまつり」的な雰囲気、楽しかったです!

(東京都・22歳男性・国家公務員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊勢崎賢治、井上達夫、いいゲストだった。

枝野幸男、今後は不満があったら辻元に責任転嫁だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ