ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.5.8 22:00

わが国が最強になれば…

先日、長男がインドから帰国。

1週間ほど滞在したようだ。

滞在中の詳しい事はまだ聴いていない。

拡大版ゴー宣道場にも友人と一緒に参加してくれたのだが、
落ち着いて喋る時間はなかった。

これまで断片的に聴いたところでは、
雇った通訳がなかなか優秀だったらしい。

27歳の青年。

その彼が、自分の祖国インドについて、
こんな事を穏やかに語っていたとか。

インドはいずれ中国を人口でも国力でも追い抜くでしょう。
やがて軍事力でもアメリカを上回る世界最強の国になります。
その時こそ世界は平和になるでしょう。
中国は周りの国に迷惑ばかり掛けている。
アメリカは自分の価値観を他国に押し付けて
世界中で戦争を起こし
ています。
インドはそんな事はしません。
我々は平和を愛しています。
だからわが国が最強になれば世界はやっと平和になるのです」と。

私はインドの事を詳しく知らない。

しかし今の日本に、こんな風に未来を語れる若者がいるだろうか。

それは勿論、若者達のせいではない。

私を含めて、その上の世代の責任だ。

わが国が最強になれば世界は平和になる。

若者が普通にそう語れる国。

羨ましい。

なお、縁あって長男のデザインの作品展が、
インドで
開催できるかも知れないという。

うまく実現すれば良いのだが。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ