ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.5.8 14:09メディア

報道ステーションのセクハラ欺瞞


報道ステーションで「セクハラ」の問題をまたやっていた。

麻生太郎が「セクハラ罪はない」と言ったらしいが、

間違っているのか?

日本の法律にセクハラを違法として裁いて罰を与える

条文があったか?

 

麻生太郎は事実を言っただけじゃないか!

セクハラが「モラル」としてダメということ、「マナー」

として美しくないということくらい、麻生大臣も知って

いるんじゃないのか?

大雑把な喋り方は麻生太郎の個性であって、そのくらい

一般庶民なら分かってるんじゃないか?

 

セクハラに対して、罰を与える法律を作るべきと言うなら、

やってみな。

共謀罪と同じ「自由」を著しく損なう危険な法律になる

だろう。

共謀罪で反対したように、わしは「自由」を狭める恐れの

ある法案には反対する!

 

しかし「報道ステーション」の欺瞞は甚だしい。

メイン司会は男がやって、サブに女が控えていて、

硬派なニュースの解説は男がやるという体制じゃないか。

男女が対等と言うなら、司会の男女を入れ替えろよ。

硬派な解説も女にやらせろ。

 

セクハラは欧米でも消滅してはいない。

日本だけが遅れているんじゃない。

男尊女卑はフランスでも残存している。

 

それでもわしはセクハラを発見したら、批判はする。

「モラル」として、「マナー」として、批判し続ける。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ